親戚を名乗っていた優しい叔父さん

男の後ろ姿

 

2ヶ月ほど前に、親戚の叔父さんが亡くなった。

 

本屋で立ち読みしていたら、突然倒れてそれっきり。

 

脳の中の血管が切れたのが原因だとか。

 

俺が子供の頃から優しくしてくれた人で、よく遊園地とか映画とかに連れて行ってもらったりしていた。

 

その叔父さん、曽祖父の葬式の時に俺の父と親しくなったらしい。

 

生前、親類が集まる席で「微妙に遠い親戚」と冗談しかめて吹聴していたのだが、実は『完全な赤の他人』だった。

 

調べてみると、俺の家族の家系(父方・母方)どころか、双方の親戚の親戚にすら該当しない人だった。

 

つまり、曽祖父の葬式の時に「親戚」を名乗って上がり込み、俺の家族と仲良くなったのだ。

 

別に両親や親類から金を借りたり、何かを売りつけたりといった事はなかったようだが・・・。

 

むしろ、俺個人としては好印象な記憶しか残っていない。

 

また、特別に親しい関係を持っていたのはうちの家族ぐらいだった。

 

叔父さんが一体どこの誰で何の目的で親戚に成りすましたのか、まったく分かっていない。

 

遺品にも手掛かりはなく、とりあえず警察に相談したが、具体的な被害が無い為に事件として取り扱う事は難しいのだそうだ。

 

とりあえず身元は調べるらしいが、これも難しいだろうと言う。

 

一応、うちの家族で葬式を出した。

 

他の親戚は気味悪がって来なかった。

 

全く血の繋がっていない人と遊園地を巡っていたのだと考えるとゾッとするものがあったが、俺にとっては『優しい叔父さん』だったのには間違いない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ