遊びにおいでと言う従姉に困っているワケ

部屋 アパート

 

私の従姉は霊感が強いんです。

 

そして彼女の息子も同じで、

小さい頃からよく見ていたそうです。

 

従姉は、夜中に息子を車に乗せて

運転していると、

 

「ねーねー、お母さん。

後ろから女の人が追いかけてくるよ」

 

対向車のヘッドライトに照らされた瞬間、

 

「あっ、消えた」

 

なんてことは日常茶飯事だったそう。

 

そんな従姉親子(母子二人暮らし)

今住んでいるのは、とある貸家。

スポンサーリンク

いわくのある貸家だったが・・・

入居前に見学に行った時、

入り口にお婆さんが座っていて、

 

「どうかここに住んで下さい」

 

と懇願されたそうです。

 

もちろん普通の人には見えないお婆さん。

 

彼女はそんなこと慣れっこだし、

気にせずその物件に住んだそうです。

 

息子も、「ああ、ここ誰かいるね」と、

気にもかけない様子。

 

住み始めても時々ドアが勝手に開いたり、

姿が見える程度なので、

 

「そんなイタズラするくらいなら

掃除でも手伝ってよね」

 

なんて流してしまう強い従姉。

 

なので近所のお節介さんに、

 

「あなた達はよくあんな家に住んでるね。

 

前に住んでいたお爺さんとお婆さんが

焼身自殺した家なのに」

 

と言われても、

今も気にせず住み続けています。

 

従姉いわく、

悪さをするわけじゃないからって。

 

そんな話をしながら「遊びにおいで」と、

さらっと言う従姉に困っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ