人間の顔の付いた一反木綿

一反木綿

 

高校の時、変なものに付きまとわれた話。

 

そいつは下校時、特に部活やらで帰りが遅くなった時によく出てきた。

 

ふと振り返ると、曲がり角や死角になる所から”(´・ω|”こんな感じでこっちを見ている。

 

顔文字で書くと可愛らしいが、実際は肌色か白か灰色かわからない顔色で、目は見開き、髪は乱れてはいないがボサ気味だった。

 

性別は、男みたいな女とも、女みたいな男とも見える。

 

最初はストーカーみたいなのか知的障害者さんかと思ったが、ヤツが電柱から見ていた時に違和感が・・・。

 

影が無かった。

 

無性に気になり、「オイ、なんだよ!」くらい言ってやろうと近づくと、シュルシュルっと引っ込んで、目の前まで来た頃には消えた。

 

この日はこれ以降何もなかった。

 

ある日、また現れた。

 

今度は凝視しながら離れてみた。

 

すると、今度は逆に段々せり出てきた。

 

肩から胴、足・・・足が無い。

 

というか、裸なのか全身タイツなのか、体は顔と同じ色で下半身がヒョロヒョロしている。

 

ようは人間の顔の付いた一反木綿だ。

 

ヤツは、いきなり一直線に飛んできた。

 

体はなびいて顔だけがこっちに向かってくる様で、パニックになり猛ダッシュで逃げた。

 

が、目は離せなかった。

 

追いつかれると思った瞬間、横から衝撃が・・・。

 

どうやら気付かず道路まで出て、原付に撥ねられたらしい。

 

病院で気が付いた。

 

俺を撥ねた中年の男が、顔をクシャクシャにして何度も謝っていた。

 

その後、「友達も一緒に撥ねてしまった」と言われた。

 

しかし、いつのまにか現場から消えていたので、事後処理では被害者は俺一人ということで済ませたらしい。

 

もちろんその時は友達なんかいなかったから、「僕一人でしたよ。おじさんの見間違いでしょう」と完全に棒読みで言った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ