図書館に紛れ込んだセミと異質な男性

セミ

 

これは、ある日の昼間、ちょっと用があって『市の図書館』に行った時の話。

 

田舎だが、図書館はわりと人が多い。

 

俺は棚から目当ての本を選んで机で読んでいたのだが、そこに一匹のセミが紛れ込んできた。

 

「やばいな・・・」と思いながらそのセミを見ていると、案の定セミは鳴き始めた。

 

物凄く、うるさい。

 

すぐに司書の人がセミを逃がそうと笑いながら追いかけるが、セミはかなり高い位置に移ってしまい、捕まえるのも難しい状況に。

 

結局は外に出すことは出来なかったが、幸いにもセミは鳴き止み、誰も気にしていない様子だった。

 

しかし、しばらくするとまたセミが鳴き始めた。

 

少しは我慢していても、そのうち誰かがキレ出すのではないかと心配で、俺は利用者たちの顔を伺っていた。

 

その時だった。

 

明らかにおかしい人が一人いることに気づいた。

 

机から少し離れたところに立っている眼鏡の男性だったが、本も持たずに口をポカンと開けている。

 

市民図書館なので変わった人がいるのはよくあることだが、その男性はもっと異質だった。

 

セミの鳴き声が止むとその男性は口を閉じ、また鳴き始めるとその男性も口を開けるのだ。

 

さらに、その男性はセミの鳴き声に合わせて甲高い声で叫んでいた。

 

俺以外の人はその男性の奇行に気づいていないらしかったが、俺はそんな人と同じ空間にいるのがたまらなく怖かった。

 

結局、セミが捕まえられるまでその男性は叫ぶことを止めなかったが、セミが捕まえられるとその男性は他の利用者と同じように本を選び、読み始めた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ