子供の笑い声と狐の尻尾

おにぎり

 

これは、少し昔に聞いた不思議なお話。

 

その頃、色々なことに嫌気がさしていた爺さんは、会社を休んで山に登った。

 

4時間ほど登り、少し下界を眺められるような場所で休憩をとる。

 

持参したおにぎりを頬張りながら美しい展望を眺め、その景色に癒されながら、ふと水筒に手を伸ばす。

 

・・・が、無い。

 

後ろを振り返ると、自分の座っている場所から10メートルほど先に、ちょこんと水筒は立っていた。

 

爺さんは首を傾げながら水筒に近づき、そして持ち上げる。

 

・・・が、妙に軽い。

 

試しに振ってみても、液体の音がしない。

 

ガッカリしながらさっきまで座っていた場所に戻ると、今度は残りのおにぎりが無い。

 

あまりの出来事に言葉を失っていると、後ろから「クスッ」と子供の笑い声が聞こえた。

 

振り返ってみると、ちょうど狐の尻尾が林の中に消えていくのが見えた。

 

もう行こう・・・と思い、荷物を片付けようとしたら、おにぎりを入れていた容器の中に、この時期には珍しい山菜がたくさん入っていた。

 

そのあまりの量の多さに少し後ろめたい気持ちになったが、麦茶とおにぎりのお礼として受け取り、その場を後にした。

 

そんな爺さんは今でも、「麦茶とおにぎりだけで、あの量の山菜を貰うのには気が引けた」と目を細めて語る。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ