午前2時半にエレベーターが向かった先は

エレベーター

 

以前に私の住んでいた社員寮は、築30年以上のマンションを丸ごと借りた形だった。

 

エアコンは無かったが、自分で取り付けるのも面倒だし、お金も無い。

 

なので、夏は扇風機のみで過ごしていた。

 

しかし2年前の猛暑の夜、あまりの暑さに汗だくで起きた私は、どうしてもスポーツドリンクが飲みたくなって1階にある自動販売機に向かうことにした。

 

時間は午前2時半くらいだったと思う。

 

私がエレベーターの前に立った途端、階数表示のランプが光って、エレベーターが1階から上ってきた。

 

「こんな深夜に誰か帰って来たのか?パジャマだから鉢合わせしたら恥ずかしいなぁ」と、2・・・3・・・と光るランプを見ながら漠然と思っていた。

 

そのエレベーターは私のいる階を通り過ぎ、6・・・7・・・と止まる様子はない。

 

なんだかおかしいと思っていたら、遂に屋上を示すRのランプが光った。

 

その瞬間、暑さなんて吹き飛んでダッシュで部屋に戻り、布団を被って丸まっていた。

 

なぜなら、屋上は立ち入り禁止の場所。

 

そもそも扉には鍵が掛かっていて、入るのは不可能なはず。

 

あのタイミングでRが光ったということは、誰かが1階から屋上へ行こうとしたか、もしくは屋上にいる人がエレベーターを1階から呼んだか、それとも・・・。

 

夜風に当たっている人がいたのかも知れないと思ったが、先述の通り立ち入り禁止の屋上で丑三つ時、なかなか考えづらい。

 

あの有り得ないエレベーターの動きは誰の仕業だったんだろう・・・と今でもふと考える。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “午前2時半にエレベーターが向かった先は”

  1. 匿名 より:

    こういう見ちゃいけない物を見た感じ、ぞくぞくするよね。 

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ