エレベーターに近づいてくる走る足音

 

友人は最近仕事が忙しく、

 

自宅に帰るのは2時~3時に

なっていたそうです。

 

この自宅というのは、

 

8階建てのマンションの

7階にある部屋です。

 

いつものように帰りが2時を過ぎていて、

疲れきってマンションにたどり着いた友人は、

 

部屋に帰って早々に寝ようと

思っていたそうです。

 

エレベーターに乗込み、

7階のボタンを押します。

 

この時間だと利用する人もほとんどいなく、

いつもは直通なのですが、

 

2階で止まって扉が開きました。

 

でも、待っている人は

いなかったそうです。

 

それで、「おかしぃなぁ・・・」と

思ったそうなのですが、

 

なにやら廊下の奥の方から、

誰かが走ってくる足音が聞こえます。

 

「あ、誰か乗るのかな?」

 

と思ったのですが、

 

「開」のボタンを押すより早く、

扉が閉まってしましました。

 

「ま、いっか」

 

と、その場は何も

気にしなかったのですが、

 

3階でまたエレベーターが止まり、

扉が開きました。

 

「おっかしぃなぁ・・・」

 

と、ただ不可解に思った直後、

身が凍る思いをしたそうです。

 

またもや廊下の奥の方から、

走る足音が聞こえてくるのです。

 

それも、

 

どうやらこっちに向かって

走って来ている様子・・・。

 

鳥肌がぞわわっと立ち、

慌てて「閉」ボタンを押したそうです。

 

心臓がドキドキしながらも、

 

「もしかして次の階も止まるのでは・・・」

 

と直感的に思ったそうです。

 

その直感は当たり、

 

4階でも止まり、

扉が開こうとします。

 

扉が開く前から「閉」ボタンを

連打したのですが、

 

やはり、ある程度は

開いてしまいます。

 

その開いた時に、

 

エレベーターの中からは見えない

位置だったのですが、

 

もうエレベーターのすぐ近くまで、

その走る足音が聞こえてきたそうです。

 

それと、苦しそうで、

くぐもってはいるが女らしき声で、

 

『い゛れでぇぇ・・・』

 

と聞こえたそうです。

 

もう、半ば気絶しかかりそうに

なりながらも、

 

5階でも止まると確信して、

早々に「閉」ボタンを連打する。

 

結局、5階でも扉が開いてしまった

わけなのですが、

 

ちょっとだけ開いて閉る瞬間、

 

廊下からエレベーターホールに

走り込んで来た人が見えたそうです。

 

友人はもう恐怖で泣き叫びながら、

「閉」ボタンを連打していたのですが、

 

次の6階でもまた止まり、

扉が開いた瞬間、

 

2メートルほど前に目をかっと見開いた

バサバサの長い髪をした女の人が

 

こっちに向かって走って来ていて、

 

先ほど言っていたと思われる

 

『・・れでぇぇ・・・』

 

の一部分をその女の人が喋っているのを

聞いたところで気絶でもしてしまったのか、

 

記憶が途切れているそうです。

 

気が付くと、

自宅のベットの中にいたそうです。

 

夢だったのかとも思ったそうですが、

 

どう考えてもそれはない、

と本人は言い張っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ