エレベーターが止まる階

残業が終わると、時計は深夜2時を回っていた。

その日は会社に誰も残っていなかった。

 

左側のエレベーターのボタンを押した。

階数表示ランプが静かに点滅する。

 

35‥・・

30‥・・

25‥・・

 

私の会社のある20階までは少し時間がかかる。

 

エレベーターの扉が開いた。

 

この時間帯にしては珍しく、

人が数人乗っていた。

 

私は壁に寄りかかり、半ば眠りながら

1階に到着するのを待っていた。

 

不意に軽い振動があり、無言のエレベーターは

途中の13階で止まった。

 

私以外の人間はそこで降りた。

 

私も反射的に降りかけたが、

ふと目を覚まして思い留まった。

 

そして、帰りのタクシーの中で、

あることを思い出した。

 

左側のエレベーターは、

5の倍数となる階でしか停止しないはず・‥。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ