エレベーターが止まる階

残業が終わると、時計は深夜2時を回っていた。

その日は会社に誰も残っていなかった。

 

左側のエレベーターのボタンを押した。

階数表示ランプが静かに点滅する。

 

35‥・・

30‥・・

25‥・・

 

私の会社のある20階までは少し時間がかかる。

 

エレベーターの扉が開いた。

 

この時間帯にしては珍しく、

人が数人乗っていた。

 

私は壁に寄りかかり、半ば眠りながら

1階に到着するのを待っていた。

 

不意に軽い振動があり、無言のエレベーターは

途中の13階で止まった。

 

私以外の人間はそこで降りた。

 

私も反射的に降りかけたが、

ふと目を覚まして思い留まった。

 

そして、帰りのタクシーの中で、

あることを思い出した。

 

左側のエレベーターは、

5の倍数となる階でしか停止しないはず・‥。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ