トイレ内の異様な気配に気付いたその時・・・

トイレ

 

俺は害虫駆除という仕事をしている。

 

そのため、深夜のビルや民家の屋根裏、果てはマンホールの奥深くなど、普通に生活している分にはまず立ち入らない様な場所に度々出入りする。

 

あれは新宿の小さなビルに作業に入った時の事だ。

スポンサーリンク

俺一人しか居ないはずなのに・・・

予め借りておいた鍵を使用して無人の事務所を開け、効くんだか効かないんだかよく分からない薬剤を散布するという不毛な作業に勤しんでいた。

 

この作業が終われば明日は休みという事も手伝ってか、全くやる気は起こらない。

 

自らの怠惰と戦いながら、作業を順調にこなす。

 

そして、深夜の2時を回った頃だった。

 

尿意を覚えた俺は事務所内に設置された誰も居ないトイレに、律儀に「失礼します」と声をかけて入った。

 

このビルは見てくれは古いが、中の電気系統は改装でもしたのか新しくなっている。

 

事務所や廊下はもちろんの事、トイレの中にまでセンサーがあり、人が入ると勝手に電気がつくようになっているのだ。

 

こういうのを見ると、現代人のものぐさ根性ここに極まれりと感じる。

 

「こんなどうでもいい所より外見を直した方が良いんじゃないのか?」と、独り言を言ってそそくさと入室する。

 

そして小便をしようとチャックを下ろした時、ふとトイレ内の異様な気配に気付いた。

 

別段”物音がした”という訳ではない。

 

例えるなら、髪を洗っている時に背後が無性に気になるような感覚だ。

 

なんとなく落ち着かなくなり、小便をしながら首だけでトイレを見渡す。

 

すると、4つある個室に目が留まった。

 

開放された3つのドアと、そして奥から2番目に一つだけ閉じたドア。

 

ドキリと心臓がひときわ大きく脈動する。

 

なぜドアが閉まっているんだ?

 

このビルには俺一人しか居ないはずなのに・・・。

 

入る時に電灯が自動点灯した事からも、このトイレには人が居なかった事は確かだ。

 

目を離す事が出来ず、首を巡らせたままの姿勢で小便を絞り出してチャックを閉める。

 

そろそろと件のドアに近付く。

 

ドアの解錠を示す青いマークを確認してから、ゆっくりと右手で押し開けた。

 

キィ・・・と蝶番が音を立ててドアが開いていく。

 

そこには何の変哲もない、ただの和式便座があった。

 

何の事は無い。

 

洋式の便所は人が居なければ開放されるようになっており、逆に和式の便所は居なければ閉まるようになっているのだ。

 

まったく、自分のバカさ加減に嫌気が差す。

 

はぁ、と暫し忘れていた呼吸を再開して、誰が見ていた訳でもないのに照れ隠しで頭を掻いた。

 

「・・・アホくさ」

 

一人呟いて仕事を再開しようとした時、一つ気付いた。

 

閉まっていたのは奥から2番目のドアで、一番奥は開いていた。

 

通常、個室が複数設置されているトイレには、和式便器は一つか多くても二つだ。

 

そして、一つの場合はほぼ確実に一番奥の個室に割り当てられる。

 

これは多くのビルに作業で入った経験から間違いない。

 

二つある場合は、和式便器は奥に二つ並んであるのが普通だ。

 

とすると、奥の個室はなぜ開いてるんだ?

 

今までの自分の常識を覆して奥は洋式なのか?

 

文章にすると長いが、時間にして恐らく1秒くらいの思考だったと思う。

 

そして疑問の解決のため、ヒョイと奥の個室を覗いた。

 

今にすれば、そのまま作業に戻れば良かったと後悔している。

 

最奥の個室は和式便器だった。

 

やっぱりな、と思うと同時に、なぜドアが開きっ放しなんだろうか?と疑問が湧いてくる。

 

何か物が干渉しているのかと思い、手持ちのLEDライトで照らして確認する。

 

特に何もない、と思った矢先の事だった。

 

視界の隅に何かを捉えた。

 

開いたドアの下の隙間・・・。

 

そこから、『白い手』が出し抜けに生えている。

 

手の平を上にして、血色の悪い爪の付いた指でドアをしっかりと掴んでいる。

 

開いたドアは壁とほとんど接していて、トイレの中に人が隠れるスペースは無い。

 

どう見ても無い。

 

あり得ない。

 

趣味の悪過ぎるドアストッパーかとも一瞬考えたが、違う。

 

なぜならば、今まさにドアの隙間から、さらにもう一本の白い手が生えてきたからだ

 

やばい!

 

これはやばい!!

 

一目散にトイレから脱出した。

 

恐怖から逃れるように、必要最低限にしか点けていなかった照明を全て点灯させた。

 

あまりの恐怖に、見たくもないのにトイレのドアを見張り続けた。

 

目を離した隙に、さっきの奴が背後から迫ってくるような気がしたからだ。

 

しかし、何も起きない。

 

事務所に掛かった安っぽい時計の分針が、バネのように振れて何度目かの時間の経過を教える。

 

10分以上は経ったか。

 

もう大丈夫か?もうタイムオーバーだよな?と、よく分からない結論に達し、さっさと残りの作業を終わらせるべく、トイレを後にしようと思って気付いた。

 

また余計な事に気付いた。

 

トイレの電気がついたままだ。

 

自動点灯なのに。

 

人が居なければ数分で消えるはずなのに。

 

まだ中に居るのか・・・と思うと仕事など出来ない。

 

俺は”作業は終わった”という事にして、ビルから逃げるように立ち去った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “トイレ内の異様な気配に気付いたその時・・・”

  1. むむむ より:

    こわっ。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ