深夜の公園で見た恐ろしい光景

 

つい最近の話。

 

深夜の公園で友達と喋っていて、

小便がしたくなったから、

 

ちょっと離れた公園内の

トイレに行った。

 

何やら線香臭いなぁ・・・

 

と思いながら、

用を足してトイレから出たら、

 

上下スウェットで

髪がボサボサの、

 

若いのかおばさんなのか、

よく分からない女の人が、

 

水飲み場の台の上に

赤ちゃんの人形を置いて、

 

その口に線香を焚いて、

挿していた。

 

人形は、紙粘土か何かで

ドロドロになっていて、

 

宇宙人みたいに見えた。

 

死ぬほどビックリしたが、

 

周りの事なんて気にしない

と言った様子だったので、

 

俺は回り道をして戻ろうとした。

 

すると、その女の人が、

 

「あの・・・、あの子にお線香を

上げてやってくれませんか?」

 

俺はなぜか動けなくなり、

 

顔だけ女の人に向けたまま

固まってしまった。

 

黙っていると、

 

女の人が体勢を低くして

両手を前に出し、

 

こっちに向かって歩いてきた。

 

俺は必死に逃げた。

 

友人のところへ戻り、

 

事情を説明しながら、

大通りまで疾走した。

 

次の日の朝、

その公園へ行くと、

 

無数の線香とその燃えカスが

あちこちに落ちていた・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ