電話相手の声

夜、居酒屋でバイトしてた頃、

 

残業してたらいつもの電車に

間に合わなくて、

 

途中の寂れた駅までしか

帰れなかった時があった。

 

その日は給料日前日で

全然金が無くて、

 

始発が出るまで

公園で寝てたんだけど、

 

寒さで腹壊しちゃって

トイレに行ったの。

 

そしたら、

 

少しして隣の個室に

人が来たんだけど、

 

何か電話しながら

入って来たみたいで、

 

話が聴こえた。

 

外からは車の音とか

するんだけど、

 

トイレの中はかなり静かだから、

 

相手側の声も

微妙に聴こえたんだ。

 

「ん?うん、わかってるって。

あはは!あ、ごめんごめん。何?」

 

『・・なった・・いつか・・』

 

「あぁ、そーだなー。

 

大丈夫だって。

気にすんなよ。

 

え?おう。

 

あははっ!やだよ。

 

なんでだよ!

 

ふふ。うん。

そーなの?」

 

『たしか・・かけ・・し・・』

 

「そうだっけ?

 

おう・・あー、

そうかもしんね。

 

わり!

ちょっと待ってて」

 

で、トイレから出ようとした時、

 

隣から「かさっ、しゅっしゅっ」

という音と同時に、

 

はっきり相手側の声が

聴き取れた。

 

急に怖くなり駅まで走って、

 

駅前で震えながら

シャッターが開くのを待ってた。

 

ただ、もの凄く気味が悪くて

怖かった。

 

思い出すと、

まだ夜が怖い。

 

(終)

解説

相手側の声が、

 

『おかけになったでんわばんごうは

げんざいつかわれておりません。

 

ばんごうをおたしかめのうえ

おかけなおしください』

 

 だった・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ