新聞社は意外にも心霊現象が豊富らしい

トイレ

 

父さんから聞いた話。

 

新聞社勤めだった父さんによると、新聞社は意外にも心霊現象が豊富らしい。

 

これは、「24時間誰かがいるのになぁ」と、ビールを飲みながら子供の頃の僕にいくつか教えてくれた話の一つ。

スポンサーリンク

真っ暗なのに分かっちゃった

父さんはいわゆるブンヤではなく内勤だったので、イレギュラーがない限りそこそこ定時に上がれたんだけど、その日は記事の差し替えに伴う調整があり、朝帰りをする羽目になった。

 

※ブンヤ(聞屋)

新聞記者をいう俗語。

 

明け方、一段落して少し休む前に、トイレに行こうと席を立った。

 

誰かが電気を消したのか、真っ暗な廊下を歩く。

 

そして、明かりのついたトイレに入った途端、なぜかトイレが急に真っ暗になった。

 

うわぁっと悲鳴をあげると同時に、小便器の前に誰かがいるのに気付く。

 

「真っ暗なのに分かっちゃったんだよなぁ」

 

そう言う父さんのしかめっ面が、子供心に凄く怖かったのを覚えている。

 

そこには、かなり古いコートと帽子を身に着けた、背の低い男が用を足していた。

 

人がいたのかと安心する間もなく、バチバチッという大きな音を立てて明かりがついた。

 

急に明るくなって、目をパチパチさせながら父さんはその人に「びっくりしましたね」と話しかけようとした。

 

でも、そこには誰も居なかった。

 

父さんが戸口に立っていたから、どこにも行けるはずがないのに・・・。

 

その後、ぽかんとする父さんの目の前で、小便器の洗浄ボタンが押されて水がジャーと流れ出したのを見た父さんは、再び悲鳴をあげて逃げ出した。

 

慌てて自分の机に戻った父さんを、同僚が「どうした?」と落ち着かせてくれたけど、何があったかを話しても、その同僚は笑って取り合ってくれなかった。

 

見間違えか?と納得しかけた父さんと同僚だけど、その時に「すまんなあ、帰るわぁ」という声が二人の耳元で聞こえて、二人して物凄い悲鳴をあげた。

 

次の日、二人して先輩や長く務めた人らに話を聞いて回ったけど、真相は分からずじまいだった。

 

帰れないまま死んだ新聞記者とか、そういう『いわく』があるわけでもなく、心当たりも全くない。

 

その後、父さんは二度とその人に会うことはなかった。

 

結局は何も分からないまま新聞社は新しいビルに移ってしまい、調べようがなくなった。

 

今でも父さんは時々、僕にその話をする。

 

「あれは一体なんだったんだろうなぁ。でも、あの明るい声は幽霊とかじゃない気がするんだよなぁ」と言うのがいつものオチ。

 

でも当時、父さんは家に連絡なしで仕事で徹夜した上に、次の日もその不思議な男の聞き込みで帰りが遅くなったので、まだ新婚だった母さんに物凄く怒られて、泣かれて、浮気まで疑われたらしい。

 

それは洒落にならない話なのかもね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ