亡くなった人たちの顔が思い出せない

電車の座席

 

これは、以前勤めていた会社の年配の女性社員の方から聞いた話です。

 

仮に、その方のお名前を斉藤さんとします。

 

斉藤さんが若い頃のことなので、今から数十年も前の出来事なのですが・・・。

 

休暇で友人らと旅行に行った時に、ある登山グループの一行と出合ったそうです。

 

一行は7人程の若い大学生のグループで、そのうち女の子が1人だけいました。

スポンサーリンク

誰の顔も覚えてないのよ

登山グループと斉藤さんのグループは電車の席が隣り合わせになったので、しばらく楽しく談笑したり、お菓子を交換し合ったりして過ごし、降りる時には「じゃあ気をつけて行って来てくださいね」と明るく手を振って別れたそうです。

 

それから1週間ほど過ぎた頃でした。

 

テレビで、『大学生の登山グループが山に入ったまま予定日を過ぎても帰って来ない。連絡も取れなくて遭難した模様だ』というニュースが流れました。

 

斉藤さんはニュースを見て、すぐに「あの子達だ!」と思ったそうです。

 

グループの構成人数も、日にちも、向かった山も全て一致したらからです。

 

電車で一緒になったあの子達が遭難したなんて・・・と信じられない気持ちだったそうです。

 

どうか無事に帰ってきて欲しいと願ったそうですが、残念ながら2~3名がかろうじて救助されましたが、他の方たちは山で亡くなりました。

 

「それが妙なのよね・・・」と斉藤さんが言うのが、どうしても亡くなった人たちの顔が思い出せないそうなのです

 

電車では1時間半ほど隣り合わせで座って、見知らぬもの同士だけど、ずっと楽しく会話していたのに全く顔が思い出せない。

 

7人グループで女の子が1人、そのうち大人しそうな子が1人いて、その人が女の子のリュックを網棚に乗せてあげていたら、他の子たちからヒューヒュー言われて真っ赤になっていたとか、些細な事もみんな覚えているのに、なのに顔がどうしても思い出せない。

 

女の子も、その子も亡くなったそうなのですが、髪が長かったか短かったかさえ思い出せない。

 

それが自分だけじゃなくて、一緒だった友人らも同様で、まるで顔が無いように、どうしても亡くなった人たちの顔が思い出せなかったそうです。

 

「大して日にちも経っていないし、1時間半も隣り合わせていたのだから、1人くらい顔を覚えていても良さそうなものなのに、誰の顔も覚えてないのよ。友人らとも『どうしてだろう?不思議だね』と言ったんだけど、こんなこと初めてよ」

 

斉藤さんは首を傾げながら、そう言っていました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ