コテージの扉を開けて中に入ると・・・

ログハウス

 

これは、とある土日に一泊旅行をした時の話。

 

前もって一棟貸しのコテージを予約していた。

 

当日の朝、周辺観光を楽しんだ後、午後2時過ぎにコテージに到着。

 

ちょっと早いかな?と思いつつ受付に行くと、「もう清掃が終わっているからいいですよ」と言われたので、受付を済ませて鍵を受け取った。

 

私と2人の友人とでワイワイ言いながらコテージに到着する。

 

そしてコテージの扉の鍵をガチャっと開けて中に入ると、正面のリビングに女の子が立っていた。

 

あまりにもびっくりして「ヒッ!」と息を吸ってしまい、3人とも声も出せず、動けなかった。

 

けれど、その隙に女の子がサッと奥の部屋に入っていった。

 

(ここの子?泥棒?イタズラ?)

 

追いかけるのもなんだか怖くて、一旦受付に戻り、管理人さんに相談することに。

 

今あったことを話したところ、管理人さんは明らかに表情が変わり、「少々お待ちください」と言い残して奥へ行くと、どこかに電話をしているようだった。

 

その後、他のコテージに案内され、楽しく一泊を過ごせたけれど、どうしてコテージが変更になったのかは謎のままだった。

 

変更されたコテージは、グレードアップされてジャクジーバス付きだった。

 

管理人さんは、「お掃除が中途半端になっていたみたいでご迷惑をかけましたので…」と言われたけれど、予約時間より早めに着いたのはこちらなのにと思いつつ、ご好意に甘えた。

 

それから1年が経ち、今年もまたあそこのコテージを利用しようかなとサイトを確認してみたところ、私たちが借りようとしていたあのコテージが無くなっていた。

 

見た目では、わりと新しい綺麗なコテージだったのに。

 

え?まさかあの女の子は幽霊だったの?でも昼間だったし普通の子のようだったけれど…となり、そんな体験をしたことに衝撃を受けた。

 

他の理由で閉鎖されたのかもしれないけれど、わざわざ連絡して聞くのも憚(はばか)られるので悶々としている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ