睡眠時によくベッドから落ちる我が子

小人

 

これは、最近あった話。

 

俺んちは4人家族で、いつも嫁さんと上の子が、そして1歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだが、この下の子がよくベッドから落ちるのだ

 

俺も気をつけて抱っこをしながら寝たりしているが、本当に毎日のように落ちる。

 

そんな時に夢を見た。

スポンサーリンク

小さい人間

寝ているのか起きているのか分からないが、俺は横になって隣で寝ている子供を見ている。

 

子供は寝返りをするわけではなく大人しく寝ているが、なんだか周りに何かの気配を感じる。

 

その時の俺は何故か体が動かなくなっていて、唯一動かせた目をキョロキョロさせて子供の周りを見ていた。

 

すると、何かが歩いてきた。

 

それは『小さい人間』のように見えた。

 

数えてみたら、どうやら3人いる。

 

髪をてっぺんで束ねた、20センチくらいの槍のようなものを持った男たちが子供の周りを歩いていた。

 

そいつらは何かを喋りながら、時々子供に触りだした。

 

やめろ!と叫ぼうとしたが、声は出ない。

 

すると、いきなり一人が槍を子供の手の甲に刺した。

 

子供は激しく暴れ、寝返りをうった。

 

刺したヤツは物凄い悪意に満ちた顔を浮かべ、声を出して笑う。

 

それも聞いたこともない声で。

 

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

 

言葉にすればこんな感じか。

 

そいつらは何回も子供を刺した。

 

その度に子供は身をよじらせ、だんだんとベッドの縁に近づいていった。

 

子供が端に近づく度に、そいつらは顔を歪ませ歓声をあげて喜んだ。

 

このままではまた落ちる、なんとかしなければ、と手を伸ばそうとするが体は動かない。

 

子供は手や足をチクチク刺され、どんどん端に追いやられていく。

 

「ゲデゲデゲデゲデゲデゲデ」

 

そんな声だけが耳障りに聞こえてくる。

 

あと少しでベッドから落ちそうだ。

 

やつらはさらに子供を刺そうとする。

 

やめろ!と、さっきより強く思って手を伸ばすと、なんとか体を起こせた。

 

そして俺は、何も考えずに子供を刺そうとしているヤツに拳を降り下ろした。

 

「プゲッ!」

 

妙な声をあげて潰れたヤツを横目にもう一人を殴った。

 

「プギュル!」

 

耳障りな声を残してもう一人消えた。

 

次の瞬間、手に激痛が走り、俺は声をあげた。

 

見ると、最後の一人が親指の爪と肉の間に槍を刺して何かを叫んでいる。

 

こんなものを何回も刺したのか!と、俺は怒りに任せてそいつの上半身と下半身を掴んだ。

 

そいつは小さなナイフをどこからか取り出し、俺の手を切りつける。

 

その度に痛みが走るが、怒りが勝っていた俺は雑巾を絞るようにそいつの体を力一杯に絞った。

 

「ブゲブゲブゲブゲ!」

 

そいつも凄く耳障りな声を出して消えた。

 

変な奴らは消えた。

 

ようやく安心した俺は子供を近くに寄せ、ほっとしたところで意識が途絶えた。

 

そして、アラームでいつもの時間に目を覚まし、真っ先に子供を確認したが、その日はベッドから落ちずにスヤスヤ眠っていた。

 

・・・が、手に違和感があるというか、物凄く痛い。

 

見ると、手の甲があちこち切れて血が滲んでおり、真っ赤になっていた。

 

瞬間に夢のことを思い出し、背筋が寒くなったのを覚えている。

 

あれから一週間くらい経つ。

 

子供はベッドから落ちなくなったが、今度は俺が夜中に突然チクッとした痛みで目を覚ますようになった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ