赤信号で停車中にバックミラーに映った二人

ルームミラー

 

これは、昼間に一人で車を運転していた時の話です。

 

T字路で赤信号に捕まったので、無意識に向かいの壁や左右に視線を動かしていました。

 

その時ふと、車内のバックミラーが目に入りました。

 

見ると、後ろにはワゴン車が止まっていて、運転席には男の人が座っていました。

 

それだけなら普通の光景ですが、ワゴン車の助手席におかしなものを見ました。

 

おかしなものと言っても、それは人です。

スポンサーリンク

想像と現実

赤い服を着た、髪の長い女性が助手席にいるのですが、その人が妙におかしいのです。

 

隣りの運転席の男性と比べて、かなり座高が低いように見えます。

 

女性の頭の位置が、男性の肩くらいの辺りにあるのです。

 

背の低い子供でしたらそういう風に見えるのですが、その女性は頭の大きさや肩幅から考えて、一般的な成人女性と同じくらいの身長と思われます。

 

なので座席に座った時は、男性と同じか、少し低いくらいの高さになるはずなのですが、その女性の頭の位置はどう見てもおかしい低さでした。

 

それに、目が怖いのです。

 

眉も目の端も吊り上がり、車の外にいる何かを睨んでいるように見えます。

 

バックミラーに映るその女性の姿に、私はゾッとしました。

 

そして、車が揺れているのか自分が震えているのか分からなくなった頃に、信号が青に変わりました。

 

私は急いでアクセルを踏むと、そのT字路を左へ曲がりました。

 

曲がりながら再びバックミラーを見ると、ワゴン車は真っ直ぐに進んで行きました。

 

しかし、それは変です。

 

先述の通り、この道はT字路で、直進すればそこにあるのは民家の壁です。

 

「え!?」と思った時には手遅れでした。

 

ワゴン車は向かいの壁へ恐ろしい勢いで追突しました。

 

私は急いで車を止め、降りてワゴン車の方へ走りました。

 

赤信号で止まっている他の車の運転手さん達も急いで降りてきて、皆がワゴン車に駆け寄りました。

 

そして運転席を覗き込んだ私は、あまりの恐怖に声が出ませんでした。

 

なぜなら、ワゴン車の中には一人しか乗っていなかったのです。

 

それも、乗っていたのは赤い服を着た髪の長い女性でした。

 

ワゴン車は左ハンドルだったのです。

 

助手席となる右側の座席には誰も乗っていませんでした。

 

女性が実在し、何も感じなかった男性こそが幽霊だったのでしょうか。

 

その時は本当に目の前のことが信じられず、体がガクガクと震えました。

 

そして最後に、気付かなければ良かったのに・・・と思うことに私は気付いてしまいました。

 

それは、女性は鏡の中で見た通り赤い服を着ていたのですが、その服は血の色で赤く染まっていました。

 

元々は白い服だったのです。

 

その証拠に、服の背中やお腹の辺りはまだ白いままでした。

 

きっと、壁にぶつかる前はまだ真っ白だったはずなのです。

 

この時のことを思い出すと、今でも恐ろしくなります。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ