一人きりの肝試しで神社に出向いたら

石段

 

これは、同級生の体験話。

 

少年時代、一人で夜中の神社に肝試しに出向いたのだという。

 

そこの神社は町と山の境界に建っており、そこから奥はもう山の領域。

 

長い石段を半分ほど上った辺りで、軽い音が上から転がり落ちてきた。

 

懐中電灯の明かりの中、子供用の靴が片方だけ、彼の真横を落ちていった。

 

それほど勢いがついているわけでもないのに、ただの一度も段に引っ掛かることなく、実に滑らかに下方の暗がりへと消えていく。

 

立ち止まってみたが、上から落とし主が下りて来る気配は一向にない。

 

急に怖くなった。

 

この上で、靴を落とした何かがじっと待っている。

 

闇の中で。

 

一度そう考えてしまうと、もうそれ以上は石段を上ることは出来なかった。

 

走り出すのも恐ろしく、ゆっくりと、ゆっくりと引き返した。

 

一番下まで下りてみたが、“先に落ちたはずの靴は何処にも見当たらなかった”という。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ