肝試しをするつもりが恐ろしい展開に

神社

 

去年の夏の話です。

 

友人Nの家の近くには

少し大きめの神社があり、

 

そこで数人が集まって、

肝試しをすることになりました。

 

私と神社の地理に詳しいNとで

脅かし役をすることになり、

 

夜中の1時過ぎぐらいに

他のメンバーより先に神社へ行き、

 

脅かしポイントである林の中で

待機していました。

 

Nと話をしながら15分くらい待っていると、

遠くの方にチラチラと明かりが見えました。

 

「お、きたきた、

思う存分脅かしてやろう」

 

と思って気合を入れたのですが、

 

明かりが近づいて来るにしたがって、

おかしいことに気づきました。

 

友人らはペアを組んで来るはずなのに、

どう見てもその人影は一人なのです。

 

もしかしたら誰かが男気を見せてやろうと、

一人で来たのかと思ったのですが、

 

段々と近づいてくるその人影は、

髪の長い女性でした。

 

集まった友人の中に女性はいません。

 

その人はTシャツにスラックスか

チノパンのような格好で、

 

懐中電灯よりも小さいペンライトを

手に持っていました。

 

私とNはさすがに時間が時間ですから、

不審に思って顔を見合わせました。

 

が、こちらが姿を見せたら

相手も驚くと思うので、

 

そのまま息を潜めて隠れていました。

 

すると、

 

女性は私たちがいる場所から

5~6メートル離れた場所まで来ると、

 

鞄から何かを取り出し、

樹に打ち付け始めました。

 

何をしているのか、

すぐに分かりました。

 

いわゆる『丑の刻参り』です。

 

※丑の刻参り(うしのこくまいり)

丑の刻参りの丑の刻とは昔の時間で午前2時から4時の間で(特に丑三つ時3時半から4時のあいだ)に行う呪術であることからつけられた。 丑の刻参りを行うときは人に見られてはならず(見たものを殺さなければ(呪いが)自分に帰ってくるなどといわれている)。また、見る方もひどい目に合う可能性があるので興味本位で見てはいけない。参照 ニコニコ大百科(仮)

 

丑の刻参りと言ったら

白装束の格好のイメージがあったので、

 

まさかこの女性がそのために来たとは

思いませんでした。

 

樹にわら人形を打ち付ける乾いた音と、

女性が発する呟きが、

 

静かな境内によく響きました。

 

「死ね、カッ、死ね、カッ、

死ね、カッ、死ね・・・」

 

汗がにじみ出ました。

 

とんでもないものを見てしまったと・・・

 

そして、

あることに気づきました。

 

このままでは何も知らない友人らが

ここに来てしまいます。

 

私は慌てて、

携帯でメールを打ちました。

 

なるべくディスプレイの光が

漏れないようにしながら、

 

ただ三文字『来るな』とだけ打ち、

送信しました。

 

そして、

すぐにこの場を離れたかった私は、

 

Nにジェスチャーで逃げるぞ、

と伝えました。

 

Nも頷いたので腰を浮かしかけた時、

私の携帯が鳴りました。

 

あまりの出来事に、

すっかり忘れていたのです。

 

来るな、と突然メールが来たら、

何事かと電話をするのはあたりまえです。

 

場違いな着メロの音が、

とても大きく聞こえました。

 

女性が驚いてこっちを振り向いたのを最後に、

私とNは死に物狂いで走って逃げました。

 

何百メートルか走った頃、

ようやく後ろを振り向きましたが、

 

追いかけてくる気配はありませんでした。

 

結局そのままNの家に行き、

友人らと合流して事情を話しました。

 

最初は冗談だろうと思っていた友人らも、

 

私とNの必死の顔を見るや、

本気だと理解してくれて、

 

肝試しを中止することになりました。

 

しかし、

折角のイベントが中止になって、

 

気持ちを持て余している雰囲気は

どうしても感じられ、

 

友人の一人が、

 

「夜が明けたらもう一回、

神社に行ってわら人形を見てみよう」

 

と言い出しました。

 

私とN以外の友人は、

すぐさまそれに賛同しました。

 

私とNもかなり渋りましたが、

友人らの勢いに押されたのと、

 

夜が明けてから多人数で、

ということで結局了解しました。

 

朝日が顔を出し、

外が明るくなり始めた頃、

 

私達はNの家を出て、

あの神社に向かいました。

 

私は数時間前の恐怖が忘れられず

腰が引け気味でしたが、

 

身で体験していない友人らは、

ずんずんと境内に入っていきます。

 

そして私は友人らに促されるまま、

 

女性が釘を打ち付けていた樹に

案内しました。

 

すると、どうでしょうか。

 

確かに樹に釘が刺さった穴が

開いているのですが、

 

人形などは全くありませんでした。

 

私とNに見られたことで、

持ち帰ったのでしょうか。

 

それとも、

神社の人が片付けたのかも知れません。

 

拍子抜けの結果に、

友人らは不服の声をあげましたが、

 

私はほっとしていました。

 

・・・その時です。

 

Nの顔色がおかしいのに気づきました。

 

真っ青な顔をして、

ただ一点を見つめています。

 

私達は自然とその視線の先を見ました。

 

その場所から見える神社脇の道路に

車が一台止まっており、

 

その窓からあの女性が私たちのことを

じっと見つめていたのです。

 

私は悲鳴にならない声をあげ、

 

友人らになんとか声を絞り出して、

あの人、あの人、と言いました。

 

誰もがその場で固まってしまいました。

 

すると、その車は動き出し、

そのまま走り去ってしまいました。

 

すぐさま私達が逃げ帰ったのは、

言うまでもありません。

 

あれから、

あの女性を見たことはありません。

 

でも未だに夢に見ます。

 

夢の中でふと気づくと、

女性が私を見つめているのです。

 

女性が私達を見ていると気づいた時の、

あの恐怖が忘れられません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ