山で迷ってしまったその先で

そば屋の暖簾

 

これは先日、九州へ出張した時に体験した話。

 

仕事を済ませた後、そのまま帰るのも面白くないと思い、近くの山でハイキングでもしていこうと考え、“名前も知らない山”に登った。

 

すんなりと山頂まで到達し、弁当を食べ、帰路を歩いていると、さっき歩いてきた所と似た景色が見えてきた。

 

この時点で薄々迷ったかな?とは思ったが、ネガティブ思考も良くないと思い、そのまま進むことに。

 

しかし、またさっきと同じ光景に遭遇する。

 

完全に迷ったようだった。

 

どうしようか…。

 

弁当も食べ尽くし、食料は何もない。

 

このまま帰れないのか?と少し不安気味で歩いていると、目の前を小さなタヌキが歩いて行った

 

俺はとっさに、そのタヌキに付いて行った。

 

今でも何故そうしたのかはわからないが、あの時に付いて行かなかったらどうなっていたのだろうとも思う。

 

そしてタヌキが止まった場所に、ぽつんと『蕎麦屋』があった。

 

なんでこんな所に蕎麦屋が?

 

本当に不思議な状況なのだが、その時の俺は「飯が食える」という思いと、「人に会える」という期待で頭が回らなかった。

 

蕎麦屋に入ると、蕎麦屋特有のつゆの匂いが漂っていた。

 

店の中では、鉢巻をしたおじさんが蕎麦を作っていた。

 

でも直感的に、「ここの蕎麦は食べれない」と感じて、蕎麦屋を出た。

 

ただ、店から出た直後の記憶がなかった。

 

次の瞬間、俺は山に登る前にいたホテルに。

 

地元の人に聞いても、「そんな山も蕎麦屋も知らない」と言われる始末。

 

あの出来事は何だったのか、今でも疑問に思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ