消灯直後に聞こえてきた荒い息遣い

ベッド

 

これは、僕と弟が体験した怖かった話。

 

僕が高校生の時だった。

 

僕には6つ下の弟がいるのだが、当時は居間以外に僕の部屋にしかゲーム機がなかった。

 

なので弟は、夜な夜な僕の部屋に忍び込み、PS2で遊んでいた。

 

弟がゲームをする時は僕が壁際のベッドに居て、弟はベッド横の床に布団を敷き、ゲームをしながら寝落ちする、というのがいつものパターンだった。

 

その日も弟は僕が布団に入ってからも、テイルズオブジアビスというRPGゲームをしていた。

 

なぜか寝付けなかった僕は、弟のプレイをぼーっと見ていた。

 

しばらくして弟は、ゲーム機とテレビを消して床に就いた。

 

すると、部屋の明かりを消して1分も経たないうちに、弟が寝ているベッド下の脇の方から「はぁぁぁ・・・はぁぁぁ・・・」と荒い息遣いが聞こえてきた。

 

僕は弟が寝苦しくて息荒くしているのかと無視していたのだが、一向に止む気配がない。

 

わずかの間を置いて、弟がムクッと布団から起き出し、こちらに近づいてきた。

 

「兄ちゃん、苦しいならお母さん呼ぼうか?」

 

僕は弟が何を言っているのかわからなくて、「何で?」と聞くと、「兄ちゃんがずっとはぁはぁ苦しそうだから」と。

 

もちろん「はぁはぁ」言っているのは僕ではないが、弟が言うには「僕が寝ている方からはぁはぁ言っているのが聞こえた」と。

 

とにかく怖かったので、すぐに部屋の明かりをつけて、その夜は抱き合いながら寝ることになった。

 

ただ、あの息遣いが何だったかは未だにわからない。

 

それ一度きりでもあった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ