くねくね動く真っ白い人

わたしの弟から聞いた本当の話です。

弟の友達のA君の実体験だそうです。

 

A君が子供の頃、A君のお兄さんと

お母さんの田舎へ遊びに行きました。

 

外は晴れていて、

田んぼが緑に生い茂っている頃でした。

 

せっかくの良い天気なのに、

なぜか二人は外で遊ぶ気がしなくて、

家の中で遊んでいました。

 

ふと、お兄さんが立ち上がり、

窓のところへ行きました。

 

A君も続いて窓へ進みました。

 

お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、

人が見えました。

 

真っ白な服を着た人が一人、

立っています。

(男なのか女なのか、その窓からの距離では

よく分からなかったそうです)

 

あんな所で何をしているのかなと思い

続けて見ると、その白い服の人は、

くねくねと動き始めました。

 

踊りかな?そう思ったのもつかの間、

その真っ白い服を着た人は、

不自然な方向に体を曲げるのです。

 

とても人間とは思えない、

間接の曲げ方をするそうです。

 

くねくねくねくねと。

 

A君は気味が悪くなり、

お兄さんに話しかけました。

 

「ねえ。あれ、何だろ?

お兄ちゃん、見える?」

 

すると、お兄さんも「分からない」

と答えたそうです。

 

ですが答えた直後、

お兄さんはあの白い人が何なのか、

分かったようです。

 

「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」

とA君が聞いたのですが、

 

お兄さんは、

「分かった。でも、分からない方がいい」

と答えてくれませんでした。

 

あれは一体なんだったのでしょうか?

今でもA君は分からないそうです。

 

「お兄さんに、

もう一度聞けばいいじゃない?」

と私は弟に言ってみました。

 

これだけでは私も、

何だか消化不良ですから。

 

すると弟がこう言ったのです。

 

「A君のお兄さん、今、

知的障害になっちゃってるんだよ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ