田んぼに白ずくめの人たちがうねうねと

カカシ

 

これは、お盆に山形県にある父の実家に帰省した時の話。

 

夏休みの宿題の自由研究でトンボの観察をするため、昼過ぎに田んぼのあぜ道にビデオカメラをセットした。

 

そしてそのまま川へ泳ぎに行き、その帰り道でのこと。

 

生暖かい風が吹いてきた。

 

折角さっぱりしたのにと思って空を見上げると、入道雲がもくもくと空に広がっていく。

 

一雨くるな、と急いでカメラを回収しにその場所に向かった。

 

雲の影が田んぼを走っていく。

 

カメラが見えてきた。

 

その時、カメラの向こうに何かが見えた。

 

遠くからでよくわからなかったが、『全身白ずくめの人たちがうねうねと動いてい
る』ようだった。

 

それがだんだんと遠ざかっていく。

 

その先には田んぼしかない。

 

奇妙に感じたが、雨も降りそうなのでカメラの回収が先だった。

 

そしてカメラを持って家に着くと、すぐに夕立が降りだした。

 

濡れずに済んだと安心して居間に入った時、ちょうど祖父も帰ってきた。

 

濡れた頭をタオルで拭きながら居間にきた祖父に、さっき見たものを聞いてみた。

 

すると祖父は途端に険しい顔をして、「にしゃ(お前の意味)、あれ見だんか?目ぇ合わせぢまっだんか?」と言う。

 

ちょうどその時、雷が大きな音を立てて近くに落ちた。

 

祖父のあまりの剣幕と雷に驚いて、訳もわからず僕は泣き出してしまっていた。

 

「遠くだったからよくわからなかったよ…」

 

泣きながらそう言う僕の頭を撫でながら、祖父は言った。

 

「あれは見ぃだらいがん。見んでえがった」

 

祖父は涙ぐんでるようだった。

 

ちなみに、落雷で停電してしまったので、撮っていたビデオを見るのは忘れていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ