私の母を奪ったこいつらを許さない

 

「ママ、今から帰るからね」

 

『うん、わかった』

 

「ちゃんとお留守番してた?」

 

『うん』

 

「ケーキ買って帰るからね」

 

『うん、あ、誰かきた』

 

「宅急便屋さん?」

 

『待ってて』

 

「行かなくていい!」

 

『おまわりさんだった』

 

「開けちゃダメ!」

 

『もうここにいるよ』

 

それから10年後、

母とはまだ会えていない。

 

私から母を奪ったこいつらを、

私は許さない。

 

(終)

解説

ママは少女を誘拐して、

一緒に生活をしていた。

 

ママが出掛けている間に、

 

少女が警察に保護された時の

様子が描かれている。

 

だが、少女は今でもママを

本当の母だと思っている。

 

『こいつらを許さない』

 

の「こいつら」とは、

今一緒に暮らしている実の両親。

 

もし、保護しに来た警察のことを

指している言葉なら、

 

10年も前の事件なので、

「あいつら」となるはず。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ