姪っ子が保護された時の不思議な経緯

ストーカー

 

これは、幼稚園児の姪が誘拐された時の話。

 

私の実家は事情があり、何度か引っ越しをしていた。

 

何度目かの引っ越しで縁もゆかりもない土地へ行き、半年ぐらい経った時だった。

 

実家は、私の両親と義姉と姪の4人暮らし。

 

義姉の旦那は私の兄で、もう他界している。

スポンサーリンク

おかしいことだらけ

その日は兄の法事の打ち合わせで、私も実家に行っていた。

 

私が幼稚園へ姪のお迎えに行く手はずになっていて、園にも伝えてあったんだけれど、行ってみたら姪がいない。

 

そして園の人から、「お迎えが来て帰りましたよ」と言われて真っ青になった。

 

迎えに来た人は親戚だと名乗っていたそうで、義姉のことも私のことも知っていたと園も困惑。

 

もちろん、すぐに警察を呼んだ。

 

実家にも連絡し、実家からも警察に通報してもらった。

 

そして警察官に心当たりを聞かれた時、私は「あります」と答えた。

 

念のために残しておいた私の元婚約者の写真を見せて、この男は『義姉のストーカー』だと説明した。

 

当時はストーカーなんて言葉はなかったけれど。

 

ちなみに、義姉の結婚前からか結婚してからは分からないけれど、その男は元々義姉のストーカーだった。

 

相手にされないけど少しでも義姉に近付きたいからか、義妹である私と婚約するまでに親しくなっていったが、のちに義姉へのストーカーが発覚して別れることになった。

 

話を戻すけれど、園の人も「この人です」と言うので、警察からその男の実家に連絡してもらい、現在の住所を聞き出した。

 

私の実家にも警察が向かい、事情を聞きつつ待機する。

 

私も事情を聞かれた後、実家へ帰るよう促された。

 

そして警察が県外にあったその男の家に向かった。

 

しかし家には誰もいなかったそうで、「帰って来るのを見張っている。行き先が分からないから向こうからの接触を待つしかない」とのこと。

 

真っ青になった義姉が、「夫さん、姪ちゃんを護って・・・」とずっと呟いていた。

 

母は仏壇に向かって拝み続けていた。

 

二人とも何かしらしていないと耐えられなかったんだと思う。

 

幸い、姪はその後すぐ無事に発見された。

 

発見されたきっかけは、その男が泊まっていたホテルからの通報だった。

 

ただ、姪が保護された時の経緯が、警察にも聞いたけれどおかしいことだらけで・・・。

 

ホテルのフロントの内線に、「苦しい、助けてくれ」という男の人の声が。

 

ホテル内の別の場所を掃除していた人に、「ツレが女を刺した。警察と救急車を呼んでくれ。頼む」と告げて立ち去った男性がいた。

 

駅前の交番に、「女の子が誘拐されています。××ホテルの▲▲号室です。助けてあげて欲しい」との通報があり。(110番通報ではなかったそう)

 

消防署にも、「××ホテルの▲▲号室です。苦しい、助けて。早く来て」との通報があり、これも119番通報ではなかったそう。

 

これらの騒ぎのおかげか、姪は保護された。

 

わずか数時間のスピード解決だった。

 

しかし、その電話を誰がかけたか分からなかったし、掃除の人も立ち去った男性の顔を覚えていなかった。

 

なので実家では、「きっと兄が娘を助けてくれたんだ」ということで納得している。

 

その姪も成長し、今度の帰省の時に「紹介したい人がいる」と言っているそう。

 

私にも義姉から、「それに合わせて帰って来て欲しい」と連絡があった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ