刑務所にいる兄からの手紙

 

手紙

 

姉を殺して、両親や私にも

怪我を負わせたあの兄が、

 

刑務所から手紙を寄越した。

 

「昨、風、年、夜」

「時計、照、没、常」

「逸、線、走、却」

「監、牢、舎、投」

 

手紙の消印は一昨日だ。

 

「鍵!」

 

気付いてすぐ玄関に向かった母が、

悲鳴を上げた。

 

(終)

解説

それぞれの文字に『何かを足す』。

 

足すのは『共通の漢字』。

 

「昨、風、年、夜」+「今」

 ↓

『昨今、今風、今年、今夜』

 

「時計、照、没、常」+「日」

 ↓

『日時計、日照、日没、日常』

 

「逸、線、走、却」+「脱」

 ↓

『逸脱、脱線、脱走、脱却』

 

「監、牢、舎、投」+「獄」

 ↓

『監獄、牢獄、獄舎、投獄』

 

となる。

 

足した4つの文字を順に並べると・・・

 

『今日脱獄』

 

消印は一昨日。

 

つまり、

兄は一昨日に脱獄した。

 

気付いてすぐ玄関に向かった母が

悲鳴を上げたということは、

 

兄はもう家の玄関まで来ていて、

母は・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ