憧れの一人暮らしを実現できた

玄関

 

反対していた両親を押し切って、

今日から一人暮らし。

 

一人で起き、朝食を食べ、

ゴミを出して支度を整えた。

 

憧れの一人暮らしを実現できたことで、

私の心は満ち足りていた。

 

家に鍵をかけ、

 

毎朝、花に水をやっている

近所のお婆さんに挨拶をして、

 

私は学校に向かった。

 

(終)

解説

一人暮らしを実現したはずなのに、

近所のお婆さんに挨拶とは・・・。

 

つまり、

 

私は一人暮らしをするために

実家を出たわけではなく、

 

これまでと同じ家に住んでいる。

 

ということは、

 

一緒に住んでいたはずの家族は

どこへ行ってしまったのだろうか。

 

おそらく、今日の『ゴミ』として

出されたのであろう。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ