山奥で暮らすお爺ちゃんの楽しみ

手紙

 

人嫌いになってしまったお爺ちゃん。

 

ぽつんと離れた車も通らないような山奥で、

一人で暮らすようになった。

 

そんなお爺ちゃんの心を解きほぐそうと、

孫の和美は毎日お爺ちゃんに手紙を出した。

 

その手紙が毎日届くようになってから

数ヶ月ほど経った頃、

 

急に手紙が来なくなった。

 

今やその手紙が毎日の楽しみに

なっていたお爺ちゃんは、

 

どうした事かと心配になった。

 

山奥から街に出て孫の家を訪ねると、

孫は何者かに殺されていた。

 

お爺ちゃん酷く悲しんで、

絶対に犯人を捕まえてやろうと思った。

 

いや、

もう犯人はわかっている。

 

犯人は絶対にアイツしかありえない・・・

 

(終)

解説

犯人は、お爺ちゃんが住む山奥の

配達担当だった郵便配達員。

 

ぽつんと離れた山奥への配達が毎日続くので、

面倒になって差出人の孫を殺した。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ