火葬場に勤めていた時に

お墓

 

火葬場は昔、

石炭を入れて人力で炊いており、

 

私も長年そこに勤めていました。

 

給料が安いので、

 

同僚は火葬前に遺体の金歯や指輪を

釜にもぐって盗んでいたくらいです。

 

ある時に一人の少年が、

 

たった一人の肉親である母親を亡くして

気の毒に思いつつも、

 

いつもより時間をかけて釜を炊きました。

 

火葬場の仕事を引退後、

 

私は彼にお母さんのお墓がもう一つ

あることを教えてあげました。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

少年の母親を焼く時に、

盗難していた同僚も一緒に焼いた。

 

いつもより時間がかかったのは、

二人分の遺体を焼いていた為。

 

遺体が焼きあがった後には

二人分の骨が残っているので、

 

大まかに一人分だけを遺族に返し、

残ったもう一人分の骨は別の墓に入れた。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ