山の火葬場で人を焼いていると稀に

人骨

 

これは、ある老人の話。

 

町外れの山に、かつて小さな火葬場があった。

 

彼はそこで働いていたらしい。

 

祭りの打ち上げで一緒になった際、そこでの話を色々と聞かせてくれた。

 

「怖そうな現場ですね。とても私には務まりそうもないです」

 

そう言う私に、爺さんが答えて曰く。

 

「いや仕事といっても、実際は火の番くらいなもんだし難しくはない。偉いさんから酒の差し入れもあったし、慣れたら別に怖くもないさ」

 

その台詞の後、思い出したようにポツリと付け加える。

 

「ただ時々キモトリが出おってな、あれは怖いというか不気味だった」

 

人を焼いていると偶(たま)に、周りの木々の中に変な小動物が出ることがあった。

 

それは膝を抱えた猿であったり、後ろ足で立ち上がった兎であったり、枝上に丸くなった猫であったりした。

 

それらのどこが変かというと、皆一様に顔が無いのだという。

 

本来顔があるべき部位が、真っ黒に塗り潰されて見えるのだと。

 

番所から外へ出て確かめると何もいない。

 

しかし、小屋に帰るとやはり見える。

 

暗い森影の中から、こちらをじっと見ている。

 

「先達は、それをキモトリって呼んどった。何かが獣のフリして人の魂を狙っとるんだろう、そう聞かされたよ。まぁ気持ち悪いだけで実害は無かったから無視しとったけどな」

 

今は、もうその火葬場も無くなっている。

 

「キモトリがどうなったかって?さてなぁ、わしらと同じく山を下りたんかもしれないなぁ」

 

爺さんはそう笑って、注がれた酒を飲み干した。

 

補足

キモトリというのは『肝取り』と書くのだろうか。

 

そして取っていくのは、魂。

 

魔は肝を好むと聞く。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ