決して中身を見るなと書かれた箱

箱

 

ある若い男が道を歩いていると、

道の真ん中に箱が置いてあるのを見つけた。

 

箱には張り紙が張ってあり、

 

『決して中身を見るな』

 

と書かれていた。

 

しかし、そう言われると

見てみたくなるのが人の性。

 

男はとりあえず箱を持って、

人気の無いところへ移動した。

 

男は箱に手をかけようとした。

 

しかしその瞬間、

男は思ったのだ。

 

(もしかして爆発でもするんじゃ

ないだろうか・・・)

 

もしもこれがイタズラだとして、

何か仕掛けがあってもおかしくはない。

 

男は考える。

 

どうにかして中を見たい。

 

だが、

万一があると怖い・・・

 

そして男はひらめいた。

 

誰かに開けてもらえばいいのだ!

 

最善の方法を思いついた男は、

再び箱を道に戻した。

 

同時に、

誰かの舌打ちが聞こえた気がした。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

最後に聞こえた舌打ちは、

若い男より『先に』箱を見つけた者。

 

この男と同様に、

 

誰かに箱を開けてもらおうと

隠れて見ていたのだ。

 

他人を犠牲にしてでも自分の欲を満たしたい、

人の悪い性である。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ