今日のお風呂はいつもと違う

お風呂

 

今日、お風呂に入ろうとしたら

本格的な温泉っぽい香りがしたので、

 

「入浴剤替えたの?」

 

と母に尋ねると、

 

「そ、そうなのよ、今日ね、

特売、で安かっ、たから・・」

 

という、

なんだかぎこちない返事が返ってきた。

 

しかし、いざ入浴してみると、

これがなんとも気持ちがいい。

 

体の芯から温まる。

 

本当に温泉に浸かってるみたいだ。

 

こんなものが特売だったなんて。

 

しばらく温泉気分を楽しんだ後、

おもむろにボディソープを手に取る。

 

手に違和感を覚えた。

 

少しヒリヒリするような感じだ。

 

そして、

なにか嗅ぎ覚えのあるニオイ・・・

 

小学校のトイレ掃除の時間が

何年もの時空を越えて、

 

いきなり鮮明に一瞬頭に現れた。

 

それと同時に、

 

なぜか小6の修学旅行の時に行った、

箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。

 

ニオイ・・・

手の感覚・・・

 

バスルームの中の空気・・・

頭の思考回路・・・

 

すべてが異様であった。

 

そしてふと後ろを振り向くと、

磨りガラスのドアの遥か向こうに、

 

こちらをじっと伺うような黒いシルエットが

ゆらゆらと揺れている。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

母がお風呂に用意したのは、

混ぜると危険なもの。

 

塩素系のものと酸性のものを混ぜると

有毒ガスが発生する。

 

一方を浴槽に入れ、

もう一方はボディーソープに。

 

母の企みは一体・・・

 

そして、

語り手のその後は・・・

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ