私たち姉妹に生霊をよく飛ばしていた母

生霊

 

今はもう歳をとって老いた母の話。

 

霊的DVとでも言うのだろうか?

 

母は自分の生霊をよく子供の私たち姉妹に飛ばした。

 

子供が望み通りでないと、不満から飛ばしたのだと思っている。

 

そんな事がポツポツとあったけれど、最近は無いし、記憶も薄れてきてあまり覚えていないが、自分の思い過ごしや考え過ぎではないだろうと思っている出来事を書いてみる。

スポンサーリンク

産んでくれた親だから追求したくなかった

本家で法事があった時のこと。

 

分家だった母は台所を手伝っていた。

 

台所は廊下などを介し仏間から遠いけれど、ほんの少しだけ動きが見えた。

 

法事が始まれば全員が参加する。

 

そのはずだった。

 

お経が始まってどれくらい経ったか。

 

母はまだ台所や廊下をうろうろと動いている。

 

(何かし忘れた事でもあって未だ席に参加していないのかな?)

 

私は慣れないお経の字を見ながら横目で考えていた。

 

お経は続き、手元のお経を見てもよく分からず、次第に私はただボーっとするだけになっていく。

 

そんな時、ふと祖父の事を思い出した。

 

祖父は首を吊って自殺している。

 

私は眠気で意識も薄れていたのか、(首吊り自殺ってこんな感じに首は詰まるけれど案外楽に逝けるかも・・・)なんて考えてたりしていた。

 

すると突然、お経の途中で本家の叔母さんが母を呼んだ。

 

法事中も台所に立っているのを嗜(たしな)めたのだとその時は思った。

 

しかし、母の返事は仏間の末席からだった。

 

始まる時にはそこに座っていたらしい。

 

親戚の何人かは驚き、お経は一時中断されてしまった。

 

何人かは、母が廊下を歩いたり立ち働きしている様に思っていたと言った。

 

何人かは、母が私の後ろに立つのを妙に思っていたと言った。

 

結局、母は後ろに座っていたので勘違いだったと、暫くざわついたけれど法事は再開された。

 

後の会食の時、本家の叔母さんとその時の話になった。

 

叔母さんは、「母が私の後ろに立ち、私の首を絞め始めたのに驚いて止めさせようと思わず呼んだ」との事だった。

 

私自身も、首が絞まっていく感覚で意識が薄れて始めていた時だったし、たまに怖い母を夢に見てうなされてもいたので妙に納得した。

 

そんな事があってから月日が経ち、就職して一人暮らしを始めた姉がボソッと言った。

 

「家に帰ると、タンスの上に正座して俯いている母がいる時がある」と。

 

もちろん、実際の母はそんな事をしていない。

 

そして私と同じように、姉も母が悪夢に出てくる様だった。

 

しかし、私たち姉妹はあまり多くを話し合わなかった。

 

なんとなく実感できるが、産んでくれた親だから追求したくなかった。

 

『母が子供を・・・』なんて、変な話すぎてオカルト体験としても人に言えない。

 

だからここに書いてみた。

 

あとがき

普段の母は、どこにでもいるような口煩いオバチャン。

 

他人としてなら面倒見が良いで済むけれど、母としては持ちたくないなぁというタイプ。

 

私たち姉妹を占い師にみてもらうと、それぞれ決まって「母親を早くに亡くしているね~」と言われる。

 

こういった事を母に話したけれど、「また嫌な事を言う子ね」くらいにしか感じていない様子。

 

それとはまた別の、母にとって地雷となる話をすると、恨まれて両方(実体とそうでない方)から仕返しされるから、距離感を図りながら慎重に話している。

 

母に追求した事はあるけれど、体力と精神力を吸い取られてしまって最後には負ける。

 

身内だからか、干渉した見返りを求めるし、満足な結果を渡さないと不満と仕返しに走る。

 

だけど、他人だと諦めるみたい。

 

過去には、みえる人に「母親に心を半分喰われたね」と溜息をつかれた事がある。

 

まぁ産んでくれたし、私には見えないけれど、その心を回復させるのは自身でと思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ