驚きの格安物件に飛びついたが実は

格安物件

 

そろそろ引っ越そうか。

 

子供も出来たことだし、

アパートも狭く感じるようになった。

 

築3年、庭付きで駅近の一軒家。

 

これで信じられないくらいの

格安物件だから飛びついた。

 

友達には、

 

「事故物件じゃないの?」

 

なんて言われる。

 

でも、ご近所さんも良い人そうだし、

昨今珍しくお裾分けなんかもしてくれる。

 

「たまに、こげてる失敗作もあるのよ」

 

なんて言いながら、

妻は笑っている。

 

良い家を買ったものだ。

 

だが1ヶ月が経つ頃に、

妻の体調が悪くなった。

 

さらに、

 

「誰かの視線を感じる」

 

と言って怯えるのだ。

 

ここは、

いわくつき物件だったのだろうか?

 

隣りのおばさんに、

それとなくその件を聞いてみると、

 

「ああ、この家が建つ前はね、

うちの畑だったのよ。

 

うちの主人が亡くなって、

手放しちゃったんだけどね」

 

おばさんは少し寂しそうだったように見えた。

 

そういえば、

 

おばさんの家族が出入りしている

様子はない。

 

もしかすると、

寂しいのかも知れないな。

 

だから、うちの世話を

焼いてくれているのかも知れない。

 

次の祝日。

 

まだ具合の悪い妻を寝かせて、

俺は子供と遊んでいた。

 

うちの庭には砂場があるのだ。

 

以前の住人も、

小さなお子さんがいたのかも知れない。

 

うちの子も砂遊びが大好きだ。

 

しばらくそこで砂遊びをしていると、

 

砂の中から真新しい物と思われる、

クマのぬいぐるみが出てきた。

 

誰がこんなものを埋めたんだ?

 

手に取ろうとした瞬間、

 

俺は指先に違和感を感じて、

手を引っ込める。

 

ぬいぐるみの胴体の裏側が

赤い糸で縫い直されていて、

 

中には無数の針が埋め込まれていたのだ。

 

もしもこれを子供が握ってしまっていたら・・・

 

背筋が凍る思いで、

警察に通報した。

 

必死に説明したが、

あまり真剣に扱ってもらえそうにない。

 

「最近ね、

この手のイタズラはあるんですよ」

 

騒ぎを聞きつけたのか、

隣りのおばさんが顔を出した。

 

「どうしたの?」

 

「ええ、気味悪い人形が

庭に埋まっていまして・・・

 

かなり悪意を感じたんです」

 

「怖いわね。

それでお子さんは?」

 

「え?」

 

「指先に怪我しなかった?」

 

俺は、すぐに引っ越すことを決めた。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

俺は、「気味悪い人形で悪意を感じる」

としか言っていないのに対し、

 

『指先に怪我しなかった?』

 

と聞いてきた隣のおばさん。

 

そう、

 

人形の中に無数の針が入っていたのを

知っていたのである。

 

恐らく、

これを埋めたのは隣のおばさん。

 

さらに、妻が体調を崩していたのも、

お裾分けが原因と思われる。

 

この一家に降りかかった災難の全ては、

隣のおばさんの仕業によるもの。

 

俺はそれを察知して、

すぐ引っ越すことを決めたのである。

 

格安だった理由はこれであろう。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ