貧乏ゆすりの女

 

ついこの前のことなんだけど、

 

終電逃したから、

 

仕方なくファミレス行って

本を読んでいたんだ。

 

そしたら、

 

隣の席の貧乏ゆすりが

目に入ったんだよね。

 

最初は気にしないで

本を読んでいたんだけど、

 

そういうのって一回意識すると

気になるじゃん。

 

それで見てみたら、

 

結構可愛いけど暗い感じの女が、

彼氏(多分)と二人で座っていた。

 

それが、

 

彼氏は笑顔で語りかけてるのに、

彼女の反応が凄い薄いの。

 

彼氏が喋ったことに対して、

(俺には聞こえないけど)

 

「うん」

「はい」

 

くらいの反応しかしていない。

 

そのうち彼氏はつまんなそうに

タバコ吸い始めて、

 

女は灰皿をじっと見て

貧乏ゆすりしてんの。

 

お前そんなに嫌なら帰れよ、

っていうか別れろよ(笑)

 

とか思いながら見ていたら、

 

その貧乏ゆすりに

リズムがあることに気づいた。

 

タタタ。

タンタンタン。

タタタ。

タタタ。

タンタンタン。

タタタ。

 

うわ~

リズム刻んじゃってるよ。

 

完全に心ここにあらずだよ。

 

そんなにつまんねえのか、

その彼氏は。

 

その女、ずっと貧乏ゆすり

してたんだけど、

 

彼氏は全く気づいてないの。

 

気づけよ!(笑)

 

そんな鈍感だから

嫌われるんだよ!(笑)

 

ちゃんと、揺れ動く乙女心を

察してやれよ!(笑)

 

そしたら、

 

彼氏がタバコを吸い終わって

勢いよく立ち上がり、

 

女の手を強く引っ張って

帰って行った。

 

別れ話でもしてるのかなって

思ってたんだけどさ、

 

一緒に帰るんだね。

 

不思議だね。

 

あんなにつまんなそうなのに。

 

レジで会計してる時、

一瞬、女に睨まれたから、

 

俺は軽く会釈しておいた。

 

結局、俺は始発まで一人で

ファミレスに居たんだけどさ、

 

内心嫌われていたとしても、

 

やっぱり彼女いる奴の方が、

俺より100倍マシだし勝ちだよな。

 

こんな見知らぬカップルを

凝視してる奴はキモいよな、

 

って考えて軽く鬱な俺・・・。

 

(終)

解説

彼女がリズムを刻んでいたのは、

モールス信号。

 

意味は「SOS」。

 

口に出しては言えなかったけど、

助けてほしかったんですね・・・

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ