友達が言った笑えない冗談

大学2年の時の話。

 

俺と長山浜と佐藤の三人で、

遊んでいた時の事。

 

夜中3時頃に、

長山浜の運転でドライブしてた。

 

で、お開きって事になり、

 

俺は当然、家まで

送ってもらえると思っていたが。

 

奴ら、俺んち通り越しても

まだ走り続けていた。

 

それは長山浜の冗談だったんだが、

それにしては通り越し過ぎていた。

 

俺んちまで引き返すのも

面倒になったらしく、

 

家まで1キロ程のところで

降ろされたんです。

 

そこは、右手に結構広めの国道で、

左はずっと畑。

 

ずっと続く歩道には、

もちろん人っ子一人おらず。

 

しかし国道には

車も少し走っていたので、

 

ビビリながらも早足歩きで

家へ着いた。

 

その日はすぐシャワーを浴びて

寝たのさ。

 

次の日、

学校へ行くと友達の太郎が、

 

「昨日の夜3時頃、

あそこの国道歩いてだろう」

 

と、声を掛けてきた。

 

太郎も昨日遊んでおり、

帰る途中に国道で俺を見たそうだ。

 

俺は笑い話として、

 

昨日の置き去りを

話して聞かせたわけ。

 

その流れで俺が、

 

「おめー、俺を見かけたなら

声かけろよ!」

 

と言ったら太郎は、

 

「だって、おめーの後ろにもう一人

歩いてたじゃん、女の人。

 

あれ彼女だと思って

声かけなかったんだよ~」

 

と言った。

 

その女は、俺の後ろを

 

俺のTシャツの裾掴みながら

付いて来ていたらしい。

 

もちろん、そんな女はおらず、

人すら居なかった。

 

それは確かだ。

 

その話を聞いて、

俺はマジ貧血気味になった。

 

太郎はおもろいやつだが、

 

そんな笑えない冗談を

言うやつではない。

 

その後は何も起こらん。

 

そのすぐ後に彼女が出来たし、

別にすぐ別れることもなかった。

 

事故にも遭わない。

 

見間違いだったんだろうと、

俺は思っています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ