家に連れ帰った女が言う事

この夏の話。

 

知り合った女を、

 

一人暮らしの部屋に持ち帰った

までは良かった。

 

が、どうやら精神的に

病んでいる様子。

 

その子は病院から処方された

薬を飲んだ後、

 

ろれつの回らない口調で、

 

「私は21じゃなくて、

本当は17なの」

 

「中国で生まれ、

死んだ姉の代わりに育てられた。

 

だから、名前も姉のものを

継がされてる」

 

「中国では、ストリートチルドレン

をしていた」

 

「シャバより病院生活の方が長い」

 

「巫女だ」

 

「芸者だ」

 

と、訳の分からない話しを

延々し始めた。

 

平静を装いつつも「怖いよ~」と

震えてる俺に、

 

「この部屋、前にカップルが

同棲してたんちゃいます?」

 

と、その子は言った。

 

確かにそう。

 

引っ越してしばらく、名字の違う

男女宛の郵便物が度々届いてた。

 

わざと「え?」と聞き返すと、

「心中してはりますわぁ~」と。

 

(巫女の話題の後からずっと京都弁)

 

その子曰く、心中は

この部屋ではしていないらしい。

 

その後も、

 

出会って数時間では

分からないような、

 

俺の身内に関する事を

言い当てた。

 

俺の恐怖は

MAXに達しようとしていた。

 

しかし、

 

追い討ちをかけるように

その子は、

 

「隣りの部屋、出るで」

 

と、断言した。

 

・・・何故知ってる?

 

俺がこの部屋に来て1年目で、

4回入居者が変わった。

 

その後、丸一年

ずっと空き部屋のまま。

 

気持ち悪いのが、

 

4組目が退室後すぐに、

老夫婦の会話が早朝に聞こえていた。

 

引っ越して来た雰囲気も無かったので

多少驚きつつも、

 

「今度は朝の早いジジババが

越して来たか。嫌やな~」

 

と、思っていた。

 

だが、その声は

たった一回のみ。

 

生活音も無ければ、

引っ越していった物音も無し。

 

その子は、

 

「隣りには、若い女が体育座りで

頭を抱えたまま呼んでいる。

 

自分の存在に、

気付いてくれる人を」

 

と、続けた。

 

一年程前までいた彼女は、

 

おばあさんが霊能者で、

本人も多少ながら霊感あり。

 

その彼女がしょっちゅう、

 

俺の部屋と隣りの部屋を

間違えて立ち止まる。

 

その事を話してみると、

 

「彼女が間違えようのない隣りの部屋で

思わず立ち止まってしまうのは、

 

呼ばれてる念に

引き寄せられてるだけの事」

 

と、説明した。

 

病んでるだけなら

相手にしないが。

 

支離滅裂な話しの端々が

符合していたり、

 

身の周りの事を言い当てたり・・・。

 

もちろん性欲なんて

沸く訳もなし。

 

「エライ女、捕まえてもうた」

 

と後悔しつつ、

その子を寝かせる事にした。

 

俺はパジャマ替わりにと、

Tシャツを渡した。

 

で、驚いて声を失った。

 

着替えたその子の両腕に、

びっしりと縫合した跡が。

 

翌日、彼女を送り届けることなく

帰っていただいた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ