100ドルの融資を頼む紳士

 

ある紳士風の男が、

銀行にやって来て言った。

 

「100ドルほど貸して欲しいんだが」

 

「100ドル、でございますか?」

 

応対した行員は、

男を一瞥してから言った。

 

※一瞥(いちべつ)=ちらっと見る

 

「100ドルという少額のご融資ですが、

初めてのお客様でございますし、

 

何か担保をお預かりすることになりますが、

よろしゅうございますか?」

 

すると紳士は、

少し考えてから言った。

 

「そうだな、

 

僕のロールスロイスなんて

どうだろう?」

 

「ロールスロイス!でございますか?」

 

「ああ、

 

今は駐車場に停めてあるから

一緒に見に行こう」

 

行員が半信半疑のまま

紳士に同行すると、

 

駐車場には最新型のロールスロイスが

停めてあった。

 

行員は驚いて紳士に言った。

 

「あの・・・お客様、

 

このお車でしたら30万ドルは

ご融資可能ですが」

 

「いや、100ドルでいいんだ」

 

紳士はそう言うと、

手続きを済ませ、

 

車のキーと交換に

100ドルを受け取って、

 

銀行を出て行った。

 

行員はロールスロイスを

重役専用のガレージへ移動させ、

 

厳重な監視の下に保管した。

 

6週間後、

紳士が再び銀行を訪れた。

 

紳士は100ドルと利息3ドルを支払い、

 

キーを受け取ると、

帰り際に微笑んで言った。

 

「6週間の旅行は最高だったよ」

 

(終)

解説

実際は賢い話なのだが、

 

もしこれを現実にやったとしたら、

 

ここまでの知恵を働かせた、

紳士の頭脳がむしろ怖い。

 

今時、3ドルで6週間も停めさせてくれる

駐車場はないということ。

 

しかも、

厳重な警備とガレージ付き。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ