とある離島での奇妙な体験談

道路

 

これは、離島で奇妙な体験をした話。

 

私はほぼ毎年、とある離島に旅行していた頃があった。

 

そこはとても景色の良い所で、島内の小さな集落にある民宿に連泊し、あっちこっち歩き回った。

 

ある年、ちょっと頑張れば徒歩で島を一周できるかなと思い、トライしてみた。

 

宿に頼んでおにぎりのお弁当を作ってもらい、早朝に宿を出て、島を時計回りに一周して夕食までには宿に戻ってくる、そんな計画だった。

 

実際に歩いてみると、車で送り迎えしてもらった時には気づかなかったが、途中に『小さな祠』があちらこちらにあることを知った。

 

そして祠を見つける度に、休憩がてら、手を合わせて拝むだけの簡単なお参りをしていた

 

そうして風景を楽しみながら歩き続けた。

 

島を一周する道は幹線道路であったのだが、そこは田舎道で、その多くは車道と歩道の区別がない道でもあった。

 

そもそも通る車の数が大したことがないので、歩くのに不都合ではなかった。

 

途中、出会う車のドライバーはみんな私を大きく避けながらも、ずーっと私を見ていたが、田舎の人は少しの移動でも車を使い、歩かないという固定観念から、歩いている人が珍しいんだろうと気に留めなかった。

 

島を徒歩で一周するというのは想像していたより結構ハードではあったが、朝にスタートした民宿に、夕方には戻ることができた。

 

翌年もまた、その島、その民宿を訪れた。

 

そのうちにすっかり私のことを覚えてもらっていて、年賀状も毎年送られてくる仲に。

 

例年そうするように、夜の食事の後は宿の人とお喋りをして、ふと去年のことを聞かれた。

 

「途中で誰かパートナーを見つけられたのですか?」と。

 

私は「いいえ、ずっと気楽に一人で自由に歩いていましたけど」と答えると、宿の主人と奥さんが顔を見合わせ、黙ってしまった。

 

何だか変だなとは思ったが、聞いて欲しくないような空気を出していたので、その場はそれ以上に話を広げなかった。

 

そして翌々日、宿からフェリーターミナルまで車で送ってもらっていた時のこと。

 

運転は、宿の主人の弟の奥さんだった。

 

この奥さんは地元の育ちの人ではなかった。

 

すると車中でまた、「去年、歩いて島を一周された時に、途中で誰かお仲間さんとか見つけられたんですか?」と聞かれた。

 

それには答えず「え?何か?」と聞き返してみると、こう言われた。

 

「お客さんが歩いていたのを島の沢山の人が目撃していたんですけど、その話が、その…、ある人は二人だったと言い、ある人は3人だったと言っていて。島を歩いて一周する人なんてお客さんくらいですから」

 

一体、何だったのだろうか。

 

その翌年、なぜか年賀状は届かなかった。

 

理由はわからないが、何か避けられているのか嫌がられていると思ったので、その年はそこへは行かなかった。

 

そして今年も迷っているうちに、夏が終わろうとしている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ