親友のお別れ会と寄せ書きの色紙

 

今日は親友のA君が転校するので、

お別れ会をやった。

 

みんなと別れるのが寂しいのか、

A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

 

お別れ会はとても素晴らしいものだった。

 

途中、歌が得意なM君が

歌を歌って盛り上げてくれたり、

 

学級委員のS子が詩の朗読をして、

雰囲気を作ってくれた。

 

そして、

お別れ会のクライマックス。

 

親友の僕がA君にプレゼントを

手渡す瞬間だ。

 

プレゼントは、

クラス全員で書いた寄せ書き。

 

昨日、出席番号順で回ってきた

その白い綺麗な色紙に、

 

僕は今までの思いを込めて、

ありがとうと一言だけ書いた。

 

親友なのにそれだけ?

と思うかも知れないけど、

 

その言葉だけで

気持ちは十分伝わるはず。

 

僕は綺麗な袋に入った色紙を、

A君に渡した。

 

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

 

A君はちょっと照れたような

表情を浮かべて、

 

袋の中の寄せ書きを見た後、

感極まったのか号泣してしまった。

 

そんなA君を見て、

たまらず僕も号泣してしまった。

 

みんなからのプレゼントを

こんなに喜んでもらえるなんて、

 

本当に嬉しい。

 

二人して泣いてる姿が

滑稽だったのか、

 

クラスの皆がニヤニヤしながら

こっちを見ている。

 

僕は急に恥ずかしくなって、

照れ笑いをした。

 

本当に、とても素晴らしい

お別れ会になりました。

 

(終)

解説

親友の苗字はW君だから、

出席番号では最後の方のはず。

 

なのに、

 

みんなが出席番号順で

書いたはずの寄せ書きが、

 

綺麗な白紙で回って来た。

 

つまり、

 

A君のためにW君以外は、

誰も寄せ書きを書いてくれなかった。

 

クラスの皆がニヤニヤして

見ていたのは最後のイジメ。

 

だからA君は色紙を見た瞬間、

号泣したのだ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ