友人が走り書きしたメッセージ

 

ある日、

 

ジョンは病気で入院している友人の

ハリスのお見舞いに行った。

 

「ハリス、どうなんだ?

具合は?」

 

「う・・・ぐ・・・」

 

体中のあちこちに、

チューブで繋がれたハリスは、

 

満足に喋ることも出来なかった。

 

「気の毒に・・・。

 

おい、息子さんに何か

伝えたいことがあったら、

 

この紙に書いてくれ。

 

俺がちゃんと持って行くからな」

 

「ぐぅっ!!」

 

「どうした!ハリス!

どうしたんだ!」

 

彼は急いで走り書きしたかと思うと、

急にぐったりし、

 

そのまま帰らぬ人となってしまった。

 

葬式の日、

ジョンはハリスの息子に会った。

 

「ハリスは死ぬ直前にこれを残した。

よっぽど君に伝えたかったらしい」

 

「え・・・?

これが僕への伝言ですか?」

 

それを見た息子は絶句した。

 

ハリスの書き残した文字は、

 

『 どけ!』

 

(終)

解説

ジョンがお見舞いに行った途端、

ハリスが急に苦しみだした事実。

 

ハリスはジョンのせいで、

苦しみだした。

 

伝言は息子ではなく、

ジョンへのメッセージ。

 

つまりハリスは、

 

「酸素チューブから足をどけろ!」

 

と伝えたかったのだ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ