病室が一緒だった同い年くらいの女の子

ゲームボーイ

 

RPGのSaga2は、

思い出のゲームソフトなんだ・・・。

 

今でもよく思い出しては

切なくなっています。

 

俺は、生まれた時から

ひどい小児喘息だった。

 

夜中に母親を起こして、

 

病院に連れて行ってもらうなんて

しょっちゅうだったし、

 

小学校に上がってからは、

さらに病状が悪くなって。

 

もちろん体育なんかは

出れないし、

 

みんなと外で遊ぶ事すら

出来なかった。

 

小5になってからは、

ほぼ毎日、

 

病院に行って吸入するくらいまで

悪化しちゃって、

 

そのまま3週間ほど

入院する事になって。

 

その時は4人部屋の

病室だったんだけど、

 

二人はおばあちゃんと

おじさん。

 

もう一人は俺と同い年くらいの

女の子だった。

 

俺は昔からとても

人見知りが激しい上に、

 

もの凄い照れ屋で、

 

なかなかその同室の人達と

仲良くなれないで、

 

一人で勉強してるか

ゲームボーイやってるかだった。

 

その時に家から持ってきた

ゲームソフトが「Saga2」で、

 

すでに一回クリアしたやつ

だったんだけど、

 

暇だしもう一回やるかなって、

毎日やってた。

 

そして、

 

入院してから

一週間が経った頃、

 

俺がゲームボーイを

やってる時、

 

同室の女の子がじーっと、

こっちを見てる事に気付いた。

 

俺が彼女の方を見ると、

慌てて目を逸らす。(笑)

 

もしかして・・・

やってみたいのかな?

 

と思って、

 

良かったらコレ借そうか?

って聞いたんだ。

 

そしたら目を輝かせて、

 

「いいの?」

 

って言うもんだから、

 

「もう飽きたからな!」

 

とか照れ隠ししながら

貸してあげたんだ。

 

でも案の定、

操作が分からないらしく、

 

画面とずっとにらめっこ

してるもんだから、

 

操作を教えながら一緒に

進めることにしたんだ。

 

パーティー4人の編成は、

 

主人公・・・

人間の男でリョータ(俺の名前)

 

仲間・・・

人間の女でさやか(彼女の名前)

 

後は、エスパーガールと

ロボットに、

 

それぞれ同室のばあちゃんと

おじさんの名前を付けた。

 

それからどんどん

その子と仲良くなって、

 

二人でゲームボーイ

やるだけじゃなく、

 

色んな話もするようになった。

 

学校の事、

家族の事、

 

好きな音楽の事、

近くに迫った夏休みの事・・・。

 

それからの時間は、

あっという間だった。

 

すぐに、俺が退院する

時がやってきた。

 

看護婦さんや同室のおじさん、

 

ばあちゃん達が口々におめでとう

って言ってくれてる中、

 

彼女だけが泣いていた。

 

それを見て、

俺も泣きそうになった。

 

でも、ぐっと堪えて、

 

「お前が退院するまで

コレ貸してやるよ。

 

退院したら連絡くれよな!」

 

って言って、

 

ゲームボーイとSaga2を

置いて行った。

 

それからは何回もお見舞いに

行こうと思った。

 

・・・でも、

いざ行こうかと思うと、

 

なんか照れくさくて

行けなかった。

 

連絡がないまま

1年半が過ぎて、

 

俺も小学校を卒業する

頃になった。

 

せめて卒業前にもう一度

会っておきたいなと思って、

 

意を決してお見舞に

行く事にしたんだ。

 

病室に行ったけど、

彼女はいなかった。

 

病室入口のネームプレートにも、

彼女の名前はない。

 

もうとっくに

退院してたのかな・・・?

 

と思って、

 

とりあえずナースステーションで

聞いてみた。

 

「遠い所に行った」

 

と上手くはぐらかされたけど、

 

俺も小6だったし、

そこまでバカじゃない。

 

その場の空気や、

 

後ろの看護婦さんが泣き出した

のを見ても明らかだった。

 

俺がショック状態で

呆然としてる中、

 

その看護婦さんが、

 

「あ、そういえば・・・

 

さやかちゃんから、

 

リョータ君が来たら渡しといて

って言われた物があるのよ」

 

と言って、

俺にそれを渡してくれた。

 

貸してあげた、

ゲームボーイとSaga2だった。

 

俺はそれを受け取って、

家に帰った。

 

帰るなり、

飯も食わないで、

 

暗い自分の部屋で

ゲームボーイのスイッチを入れた。

 

懐かしい、あの

オープニングの音楽。

 

それと一緒に出てくる

ロード画面。

 

一つは、彼女と俺が一緒に

プレイしたデータ。

 

あの時からほとんど

変わっていない。

 

懐かしさと悲しさで、

胸がいっぱいになった。

 

もう一つのデータは、

やたらレベルの低いものだった。

 

最初から始めたけど

すぐ飽きたのかな?

 

と思いながら、

そのデータをロードしてみた。

 

そのパーティー4人の名前が、

こうなっていた。

 

『かんごふ』

『さんにこ』

『ろされる』

『たすけて』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ