私だと思って大事にしてね

漫画本

 

これは、ちょっと不思議な体験をした話。

 

ある日、バイト先で友達になったメグミが漫画を貸してくれた。※仮名

 

「昔に流行ったけど読んだことないんだよね~」と言う、私の些細な一言を覚えていてくれて。

 

ちなみに、漫画のタイトルは『ダイの大冒険』。

 

でも一気に全巻持って来てくれていたので、それはそれは重かった…。

 

なにせ40冊近くもあるし、それに私もメグミも電車と徒歩通勤だったから。

 

「悪いね、ありがとう」という感じのことを言うと、メグミは「大好きな漫画だけど、良かったらあげる!私だと思って大事にしてね」なんて、おかしなことを言うので二人で笑っていた。

 

ただ結果的に、私はその漫画を本当にもらい受けることに。

 

次の日、くも膜下出血でメグミは亡くなってしまい、とても驚いた。

 

悲しいも何も、昨日まで一緒にバイトして、会話して、お茶して…。

 

本当に普通だったのに、貰った漫画が彼女の形見になってしまった。

 

そして後から聞いた話だと、他の友達らにもドラクエグッズだとか、お気に入りの逸品を突然配って回っていたみたいで。

 

突然死のはずなのに偶然だろうけれど、この世からいなくなる前の身辺整理みたいで寂しい気持ちになった。

 

あとがき

普段はやらないのに、急に身辺の整理したり、掃除したり、他人に自分の大事にしている物をあげたりすると、しばらくしてその人が亡くなるという話はちらほら見聞きするけれど…。

 

何か霊的に関係あるのかなぁ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ