彼女の腹部に大きな腫瘍

 

医学部時代の友人から、

久し振りに連絡が来た。

 

「彼女の腹部に大きな腫瘍が

出来てしまったんだ。

 

すぐ手術すればいいのに嫌がって・・・。

 

やっと説得したのだが、

もう普通の病院では手遅れらしい」

 

「それは気の毒だな・・・」

 

「そこでお前に手術してもらいたい」

 

「え?」

 

「頼むよ、金なら払う」

 

「うちは産婦人科だぞ?」

 

「頼むよ」

 

(終)

解説

「腫瘍」とは『胎児』

 

彼女のお腹には赤ちゃんが育っていて、

友人に「おろしてくれ」と頼んでいる。

 

我が子を腫瘍扱いにするとは、

なんて酷い男だ・・・

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ