死の直前に残した留守録メッセージが

数年前、

 

友人Kの彼女が、

事故で亡くくなりました。

 

周りから見ても、

 

K達は凄く仲が良くて、

そろそろ結婚か?

 

なんて言われてる

時のことです。

 

その死に方というのが、

 

Kの彼女が会社の帰りに

Kの家に寄る旨を、

 

公衆電話からKの家の留守電に

メッセージを入れている時、

 

その公衆電話にトラックが突っ込む、

という悲惨なものでした。

 

だから、Kの家の

留守番電話には、

 

「あ、私。今から行くから

待っててね」

 

と言う、彼女の声の後に、

タイヤのスキール音。

 

そして、彼女の悲鳴。

 

次いで、公衆電話の

破壊される音。

 

彼女の事故の一部始終が、

克明に録音されてしまっていたのです。

 

それからのKは仕事を辞め、

外出もせず、

 

見ているのが辛いほどに、

痩せ衰えていきました。

 

しかし、

私達は懸命にKを励まし続け、

 

その甲斐もあってか、

Kも何とか、

 

「俺がこんなんじゃ、

アイツも悲しむに違いない」

 

と、立ち直り始めたのです。

 

そして数日後、

 

やはり、彼女との思い出が

多すぎる今の部屋は、

 

Kにとって辛すぎるらしく・・・。

 

引越しをするということになり、

 

仲間皆で引越しを手伝う

ことになりました。

 

朝から始めた引越し作業も、

 

夕方近くになり、何とか

大方のものを運び出し終え、

 

あと少しとなった時のことです。

 

突然、

 

友人が外していた電話機から、

あの時の留守電の音声が・・・。

 

「あ、私。今から行くから

待っててね」

 

と・・・。

 

それを聞いたKは真っ青になり、

また塞ぎ込んでしまいました。

 

私は、留守電を外していた

友人を外に連れ出し、

 

「なぜ気を付けないんだ!」

 

と、なじりました。

 

しかし、

 

その友人はボソっと、

こう言うのです。

 

「ありえないよ・・・。

 

だって、コンセントは

繋がってなかったし。

 

いや、それどころか、

 

テープは先に

取り出しておいたのに・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “死の直前に残した留守録メッセージが”

  1. さら より:

    こえええええ

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ