彼女を突然に亡くした友人の怪奇行動

電話

 

僕が大学生の時の、

マジで思い出したくない話。

 

その頃の友達に、

A君という奴がいた。

 

A君には、

 

中学くらいの時から付き合っている

Bちゃんという彼女がいて、

 

いつもどこに行くにも一緒ってくらいの

ラブラブっぷりだった。

 

そんなある日、

Bちゃんが交通事故で亡くなった。

 

それ以来、

 

A君は以前までの

明るかった性格が一変し、

 

暗く塞ぎ込みがちになり、

そのうち大学にも来なくなっていった。

 

心配した友人一同は、

 

何度もA君の住んでるアパートに

行ったりもしたんだが、

 

A君は大抵留守で、

 

たまに部屋に居ても、

居留守を使われる始末だった。

 

そして2ヶ月ほど経ち、

 

みんながA君のことを

忘れ始めた頃・・・

 

ひょっこりとA君は大学に

また来るようになった。

 

それは以前のような

明るい性格のA君だったのだが、

 

どこか影があるように感じられ、

 

実際に顔はやつれて、

目は落ち窪んでいた。

 

どこか変わってしまったA君を

他の友達は避け始めたが、

 

僕だけはA君と特に仲が良かったので、

付き合いを続けた。

 

しかし、

どうもA君の話しがおかしい・・・。

 

「なあ、A。

あんまり考えすぎるなよ。

 

落ち込むのは分かるけど、

そんなんでこれからどうするんだよ」

 

A「大丈夫だよ。

 

Bが毎晩ちゃんと俺に、

電話で励ましてくれてるから

 

「えっ!?

何言ってるんだよ?」

 

A「Bってば、

本当に可愛いよな。

 

俺の気持ちを察して、

電話かけて来てくれるんだ。

 

そのおかげでなんとか大学にも

来れるようになったんだし」

 

A君は虚ろな目で僕を見ながら言う。

 

「しっかりしろよ!

Bちゃんは死んだんだよ!」

 

A「しっかりするのは

お前の方だよ!

 

Bは生きてるし、

俺に電話もくれるし!」

 

憤りながらも、

 

生気の無い声で

僕にまくし立てるA君に、

 

心底ゾッとした。

 

僕はA君が少し尋常じゃない

精神状況にあると感じ、

 

病院に行くことを薦めたが、

一向に聞く耳を持たない様子。

 

僕はその時、つい思い余って、

 

「じゃあ、

お前の部屋に連れて行けよ!

 

俺がBちゃんと直接話すから!」

 

今思うと、こんなことを

勢いで言うんじゃなかったと、

 

激しく後悔している・・・。

 

その日の夜、

僕はA君の部屋に行き、

 

普通に飯を食ったり、

テレビを見たりして、

 

時間を過ごした。

 

その時に一緒にいる分には

A君に特に変わった様子もなく、

 

ふと時計を見ると、

もう午前2時を過ぎていた。

 

(やっぱりA君はちょっと

精神的に疲れてるだけだな。

 

しばらく様子見ってことで

大丈夫だろう・・・)

 

なんて思っていた矢先だった。

 

突然A君が立ち上がり、

こう言った。

 

A「ほら、来た来た~」

 

「えっ!?何が?」

 

ビックリしながら僕は聞いた。

 

A「何って、話しただろ。

Bから電話が来たんだよ」

 

そう言って、

A君は電話に向かって歩いていく。

 

そしてA君はゆっくりと、

 

鳴ってなどいない

電話の受話器を取ると、

 

さも誰かと話しているように

楽しげに会話をしている。

 

よくよく聞くと、

今日の大学での出来事とか、

 

僕が部屋に遊びに来ている

ことなどを話している。

 

「電話なんか鳴ってないだろ!」

 

急に怖くなった僕は、

 

叫びながらダッシュでA君に近づき、

受話器をもぎ取った。

 

隣で「何するんだよ!」とか

喚き散らしてるA君を無視して、

 

僕は受話器に向かって大声で言った。

 

「誰なんだよ!

悪戯ならタチ悪いぞ!

 

いい加減にしろ!」

 

しかし、受話器からは

何も聞こえて来ない。

 

ウンともスンとも言わない受話器に

僕は少しほっとして、

 

A君に言った。

 

「何にも聞こえねぇぞ。

ただの無言電話じゃねぇか!

 

いい加減に・・・」

 

そこまで言った時に、

ふと気がついた。

 

僕は鳴っていない電話の

受話器を耳に当てていた。

 

普通なら、鳴っていない

電話の受話器を取ると、

 

ツ――――――――――

という音が聞こえるはず。

 

なのに・・・

受話器からはずっと無音だった。

 

胸の奥から、

恐怖が物凄い勢いで込み上げてくる。

 

受話器を耳に当てたまま

完全に固まってしまった僕に、

 

図太く耳障りの悪い

女性の声がトドメを刺した。

 

『オマエコソダレダ』

 

僕は受話器を床に投げ捨て、

ダッシュでその部屋を出た。

 

何故かその時、

 

A君が今まで見たこともないような顔で、

ニヤニヤと笑っていた。

 

それ以来、

僕は完全にA君を避けた。

 

しばらくしてA君は

また大学に来なくなり、

 

退学したということを風の噂で聞いた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ