三人の囚人と死刑判決の行方

 

囚人A、B、Cが、

別々の牢獄にいました。

 

このうち2人は死刑で、

 

残り1人は無罪であるという

判決が下されました。

 

しかし、

 

3人とも自分の死ぬ確率が

3分の2であることしか知りません。

 

そこでAは考えました。

 

看守に、

 

「BとCのどちらかは必ず

死刑になっているはずだ!

 

だからどちらが死刑なのか

教えてくれ!」

 

と頼みました。

 

看守は別に構わないだろうと思い、

Bと答えました。

 

するとAは、

 

「これで自分が死刑になる確率が

2分の1になった!」

 

と喜びました。

 

(終)

解説

両方死刑ではなく、

Bが死刑だと答えていることから、

 

間接的にCは死刑ではない、

と教えている。

 

よって、

Aは死刑確定。

 

また、

 

無罪の判決が下りた後も

投獄され続けるわけはなく、

 

釈放されそうな気配がない時点で、

Aの死刑は確定。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ