三人の死んだ理由

 

あるところに天国の門があった。

 

そしてその前に、

天国の門の門番がいた。

 

そこへ、A、B、Cの

三人の男がやって来た。

 

門番はAに聞いた。

 

「何故お前は死んだんだ?」

 

Aは答えた。

 

「私は仕事を終えて家に帰ると、

 

部屋が荒らされており、

奥の部屋で妻が殺害されていました。

 

そして、

ふとベランダを見ると、

 

見知らぬ男が

ベランダに掴まっており、

 

こちらの部屋に入ろうと

してきたのです。

 

私はこいつが犯人だと思い、

 

半狂乱になって隣にあった

タンスを持ち上げ、

 

その男にぶつけました。

 

そしたら、

 

その男はタンスと共に落ちてゆき、

死にました。

 

その後、

 

妻が死んだショックで

自ら命を断ちました」

 

次に、

門番はBに聞いた。

 

「何故お前は死んだんだ?」

 

Bは答えた。

 

「私はとあるマンションの

屋上で寝ていたら、

 

誤って落ちてしまいました。

 

しかし、

 

奇跡的にすぐ下の階のベランダに

掴まることができ、

 

そのベランダに入ろうとしたら、

 

見知らぬ男が凄い形相で

タンスを投げつけてきて、

 

私はタンスと共に落ちてゆき、

死にました」

 

次に、

門番はCに聞いた。

 

「何故お前は死んだんだ?」

 

Cは答えた。

 

「私はタンスの中に入っていました」

 

(終)

解説

Aの妻を殺した犯人はC。

 

CはAの家に入り込み、

Aの妻を殺害した。

 

金目の物を盗んでいたら、

Aが帰宅。

 

慌ててタンスの中に隠れたら、

AがBを犯人だと勘違いし、

 

Cが入っているタンスを

Bに投げつけた。

 

CはBと共に、

タンスに入ったまま落ちてゆき、

 

そのまま死んだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ