世界一旨い料理を作れ

 

とある国の王様に、

 

「世界一旨い料理を作れ」

 

と、命じられた

宮廷の料理人たち。

 

しかし、

 

王様は世界中のどんな

食材にも満足せず、

 

それに怒った王様は、

 

次々と役立たずで用無しの

料理人を処刑していった。

 

そして最後に残った料理人は、

 

明日は自分の番か・・・

と頭を悩ませていた。

 

月明かりが彼を照らす。

 

「・・・王様を満足させるには、

ありきたりの食材ではダメだ。

 

最高の食材でなくては・・・」

 

どうしよう・・・

時間がない。

 

思い悩む料理人。

 

だがその料理人は、

突如に閃いた。

 

「そうだ!アレしかない」

 

早速、自慢のよく切れる

包丁を取り出し、

 

食材の調達に出かけることにした。

 

そして、その料理人は

苦労の甲斐もあって、

 

最高のエサを食って、

 

最高に自由気ままに

飼育されて育った、

 

丸々肥えた最高級の「豚肉」を

手に入れることが出来た。

 

しかし、

 

その料理を王様が

口にすることはなかった・・・。

 

(終)

解説

「豚」とは王様のこと。

 

そう、料理人は王様を

料理してしまったのだ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ