点けっ放しのトイレの電気

顔を洗うために、

洗面所へ向かった。

 

隣のトイレの電気が

点いていた。

 

中から音は聞こえてこない。

 

きっと家族の誰かが

消し忘れたのだろう。

 

そう思って、

電気を消した。

 

すると、

 

中から「コンコン」と、

ノックする音がした。

 

誰か入ってたみたいで

「ごめん」と謝り、

 

電気を点け直した。

 

顔を洗ったり、

髭を剃ったりしていて、

 

5分くらい経ってたと思う。

 

まだトイレから出て来ない。

何の音も聞こえてこない。

 

「誰か入ってる?」

 

と声をかけ、

ノックをしてみたが、

 

返事は返ってこない。

 

さっきのノックは

空耳だったのかな?

 

と思い、

トイレの電気を消した。

 

すると、

 

ガチャガチャガチャガチャ!!

 

と、トイレのドアノブが

激しく回された。

 

そして、上に付いてる

小さな曇りガラスに、

 

バン!

 

と、何かぶつかる

大きな音がした。

 

男か女かも分らない

歪んだ顔が、

 

曇りガラスの向こうから

睨みつけていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ