空き巣

一人暮らし時代に一度だけ、

空き巣に入られたことがある。

 

仕事から帰ってきたら、ベランダのガラスが切られていて、

そこから鍵を開けられた形跡があったので即通報。

 

「警察が着くまでそのままで」

と、言われたので待ったけど、何か取られた形跡がない感じ・・・?

 

その後、警察の立会いの下に調べたけど、

現金(少しだけど)も無事だった。

 

ガラスが割られてるし、進入があったのは確かなので、

指紋の粉とかで検査してもらって終了。

 

警察の人いわく、

「入ったはいいけど、怖くなってイヤになって帰ったんじゃないかなー」

との、ことでした。

 

コタツの上には製作途中のハゲで目の部分が空洞の生首。

引き出しの中にはサイズ別に並べた腕や手、ガラスの目玉や、

まつげがずらり。

 

押入れには組みかけの手足が半端な状態の人形が複数。

そして台所には、お湯パーマ(鍋に入った熱湯で茹でて髪型を定着させる)をした

カツラが吊ってあり、大鍋の中には、前夜に茹でたカツラがゆらゆらしていた。

 

当時の私は、人形作りの趣味が高じて副業と化していたので、

それが普通だった。

 

空き巣の犯人だけでなく、

警察の人も気味悪く思ったようだった。

 

(終)

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ